2つのBB(アル・ジャーディンとビックブルー東京)

いささか、無理のあるタイトルであるが(汗)。

アル・ジャーディンは、元ザ・ビーチ・ボーイズ(BB)のギタリスト。
ビックブルー東京は、バスケットボールのチームで、略称BB。

この土日、アル・ジャーディンのライブと、ビックブルー東京の試合を観に行ったので、こういうタイトルにしました。
※ザ・ビーチ・ボーイズが、幾つかに分かれてしまっていると言う、意味ではありません(汗)。
a0081944_0535549.jpg
洋楽アーティストのライブは、まさに一期一会。
今回、2/19のファーストステージのライブのお誘いを受けたときに、これは行くべきかなと思いました。
昨年、本体のザ・ビーチ・ボーイズを観て、その流れでどんなステージになるかの、関心がありました。
勿論、ご一緒する島田@浜っ子さん、タケさん、マービートさんと会えるのも目的の1つではあります。

ご提供を受けた、アルのソロアルバムを聴いてみると…。
ザ・ビーチ・ボーイズとは違う、落ち着いたピアノ中心の曲が多いな。
この曲がメインになるのかな、落ち着いては居るけど、ライブの盛り上がりの面ではどうかな・・・。

って、思ってましたら、なんとザ・ビーチ・ボーイズ中心の内容で、ソロの曲は予想より少なかったです。

これにはちと残念でしたが、アルの声量は素晴らしいもので、キチンと形になった、楽しめるライブにはなりました。
無論ザ・ビーチ・ボーイズのヒット曲連発なので、自分でも楽しめる内容でした。

終了後マーセラさんと、またセカンドステージ後(自分は見てませんが)にコータさんと若干お話できた事も嬉しかったです。

次は…ぜひ4人揃った、ザ・ビーチ・ボーイズを見て見たいものですが、状況はどうなんでしょうかね?
a0081944_0543057.jpg
翌日の2/20は、今年初(汗)のバスケの練習に朝から行き、腰痛勃発寸前でへろへろになった後、WIリーグ「ビックブルー東京-三菱電機コアラーズ」の試合を観に行きました。
長かった今シーズンも、今日が最終戦です。

このビックブルー東京は、この2年間応援しているチームです。
試合は、ボロ負けでした(汗)。
しかしながら、今シーズンは大逆転勝利も見たし、今回のような負け試合も見たし、また勝ち負け以外でも、各選手の技術的な面(見たからって参考に出来るレベルでもないが)も見たし、5試合程のBBの試合観戦は、楽しいものでした。

男子のレギュラーシーズンは、まだ続きますし、女子もプレーオフシーズンに入りますから、まだバスケの試合はいくらでも見れますが…。
BBの試合が、来シーズンまで見れないのは、ちと寂しいですね。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-02-20 23:48 | 洋楽(ライブ・CD)


<< ずっとアップしたかった、スマッ... 恵方巻と、ザ・ホワイトストライ... >>