1994年のCM「キリン・シャウト」原田芳雄さん

原田芳雄さんが亡くなったと知って、びっくりしました。

亡くなった事もびっくりですが、すでに71歳になられていた事、そして1週間程前のお姿をヤフーのニュースで見て、更にびっくりしました。

映画やドラマを殆ど見ない(汗)自分に取って、原田さんと言えばこのCMがすべてでした。
びっくりしたのは、17年前のこのCMと、随分イメージが違ってしまっていたからです。

このCMは、独特のユーモアもあって、好きでした。
紹介された夕刊の記事も取ってあります(笑)。
この主人公の、不器用と言うか、ある意味男くさい部分が共感出来たから、気に入ったのかも知れません。

もうひとつのバージョンは、ベンチ裏で外人選手と口論になり。
外人「(英語で)おい!野球はチームプレイじゃないのか?日本の”和”をしらないのか?」
原田「OK、OK、なに言ってんだかさっぱりわかりませーん。」

このあと、1発食らったらしい原田さんが、ばんそうこうを貼った顔で出て来ると言った内容です。

17年前でさえ、最近はこういうタイプの男が少なくなった、CMの主人公としてはあまり例がないが、だからこそ人を引き付けるのだろうと、紹介した夕刊記事には書いてありました。

このCMを見ると、男らしさとはとか、自分はどうなんだとか、いろいろ思いますね。

R.I.P
[PR]
by lindsey3000 | 2011-07-20 23:58 | テレビジョン


<< コールドプレイ、レディオヘッド... ドアラ2軍落ち(爆) >>