2006夏旅行2:広島平和記念資料館、「へんくつや新天地店(広島風お好み焼き)」

寝台内でもサンドイッチを食べ(汗)、満腹になった我輩を乗せた寝台急行「銀河号」は、深夜の東海道を走り、無事大阪駅に到着した。

広島のmarbeatさんには、12時に着くと連絡済。
広島までは新幹線で行けば速いのだが、出来るだけ安価に、かつ時間に間に合う方法を検討した結果、岡山まで新幹線に乗り、そこから普通列車を2本乗り継いで行く計画を立てた。

しかし、ゆっくり調べてたもんだから時間がなくなった。気が付けば7時55分。
乗車予定列車の新大阪駅発車15分前、自分は未だ大阪駅だ(汗)。
捻挫で痛い足を、思い切りダッシュし8時発の上り快速に乗車。新大阪駅到着後、またもダッシュし自由席特急券と乗車券をゲット。みたびダッシュし、8時10分のひかりに無事乗車。

はあ、はあ。疲れた(汗)。
a0081944_20301385.jpg
広島駅では、時間通り無事marbeatさんと合流。
ランニング姿のまーさんは、筋骨たくましく、カッコいい。
3年前まで楽天の2軍に居たと言えば、なるほどと思うスポーツマンである(←ネタです。わかる?)

希望はすでに連絡してあったので、早速原爆ドームまで案内してくれた。
すでにお腹の中で、若干鳴り響くものがあったが(汗)。

そして、ぶらぶら歩いて、平和記念資料館を訪れる。
実は、数年前の早朝、原爆ドームあたりは訪れた事はあったが、平和記念資料館は初めてである。
ぜひ見たいと願っていた場所で、今回願いがかなったわけだが、その衝撃は想像以上であった。
a0081944_20302551.jpg
まず特別展で、原爆に被災し生き残った人たちの、当時を思い出して描いたイラスト展を見たが、ある意味写真よりも雄弁と感じた。
おそろしい程の高熱と爆風、そして、当時は良く知られていなかった、放射線の魔の手がすべてであった。
如何にして人が死んでいったか、全身丸焦げで死んでもおかしくない状態で、「おかあさん、どこ」とさまよう子供たち。
きちんと見なければいけないのだが、まっすぐ見ていられない程の、想像以上の惨劇が、淡々と描かれていた。

戦後60年と言えば、はるか昔って感じだが、40歳の自分が生まれた時は、戦後20年だったのである。
そう思うと不思議な感じがする。自分の年齢より少ない過去に、まさにこの世の地獄があったのである。
普段空気のように思っている、平和。
バスケ世界選手権に来ている外国選手にも、ぜひ訪れたいと言うコメントがあったが、どういう感想を持っただろうか?
a0081944_20303746.jpg
さて、さすがにお腹が限界に達したので、「何か食べたい」と申し出ると、marbeatさんは1件のお好み屋さんに連れて行ってくれた。

元祖へんくつや 新天地店
広島市中区新天地2-12 西豊ビル1F
(082-242-8918)

なんでも、広島にはお好み焼きの店が無数にあり、行きつけのお店だけでも複数あるそうだ。
ほほう、これが広島風お好み焼きの店か…と、感慨深く思う。
思えば、もう5年ほど前より、中国新聞の人気サイト「炎の鉄板」を読んで、いつの日にかはと夢見ていたのである(大袈裟?)

しかし、そのわりにはお店に行くと、「大阪風お好み焼き」ばかり選んでいた自分(汗)。
広島風は、キャベツばっかで、ちと味わいに疑問を持っていたのも事実である。

本日、この長年の問題に解を得る機会が来た(大袈裟?)
a0081944_20305135.jpg
注文すると、にーちゃんがさっさ、さっさと、手際よく焼いていく。
火力が強そうな鉄板なので、思ったより焼き上がりが速い。
作り方は省略するが、手さばきが流れるようで感心して見ていた。

そして、ついに出来上がり。早速食べ始める。

もぐもぐ…。んまぃ!思ったよりずっと(汗)んまぃ!!
小麦粉の割合が多い大阪風は、出来が悪いとどうしても団子のような食感であるが、こりは・・・実に軽やかで食べやすい。
キャベツが良い具合に柔らかく、旨みが出ている。
その一方、麺・お肉・イカ天などは食べ応えがあり、キャベツとの組み合わせもばっちりだ。

余は満足である(笑)。
a0081944_203138.jpg
何でも、広島人はお好み焼きを、週に数回は食べるらしい。

これは、すごい事ではなかろうか?
各地に名産品数あれど、観光客向けが多いのが実態。
当の地元の人が、これだけ食べるのはあまり聞いたことなく、お好み焼きの底力を感じた。

ところで、この広島風お好み焼きは結構な量の”麺”が入っているが、好みでこれを”ダブル”に出来るらしい。
まーさんも時にそうすると、答えていた気がする。
そして店を出る前、お腹一杯になったかと聞くと…
「ん?6割くらいかなぁ。」

これだけ食って、まだ4割も胃に空間があるのか?
それとも変幻自在な、伸び縮みする胃を持っているのか?

アイアン・ストマック、広島に発見(笑)。

つづく。
[PR]
by lindsey3000 | 2006-08-27 21:35 | 外食(広島)


<< 炎のダイエット:その8 2006夏旅行1:東京ドーム(... >>