自家製「スーダラ焼」

a0081944_23353335.jpg
キャベツがみじん切りだから、サックリした口当たり。
中身は適度に、ほっくり柔らかい。
ソースもひと塗りで、しつこくなくちょうど良い味。
軽く2枚は、食べれちゃう。

その名も、スーダラ焼!

済みません。本日はバスケ観戦で帰宅が遅くなったので、我慢が出来ませんでした。
半分食べたところの写真です(汗)。

広島でのマービートさんの案内によりお好み焼き熱が絶賛上昇中でしたが、広島風お好み焼きはやはりフライパンでは無理(涙)。
大阪風でやるしかないなと思っていたときに、コンビニでこの漫画に出合いました。

Gコミックス「食キングスペシャル:昭和の味対決編」

単なる食べ物漫画でなく、人生哲学も揺るがす深い内容です(詳細は実際に漫画を読んで下さい)。
この中で出てくる「スーダラ焼」。自分もこの漫画の登場人物同様、この焼き方を学び、そして成功しました。

自己流に修正した作り方は…

1)キャベツは荒いみじん切り、お好み焼きミックス粉は適度な濃度に水+卵で溶き、キャベツと混ぜる。
2)テフロン製フライパンを中火で熱し、油は引かず生地を入れ、1cm位にならす。
3)肉を入れる場合は、ここで上にのせる。
4)3分ほどしたら裏返し、4分で再度裏返す。その間一切さわらない。
5)計9分焼いて、出来上がり。ソース・マヨネーズはあくまで脇役、控えめにごく薄く。
※お好み焼きミックス粉に、すでに味が付いているので。

手軽に出来て、すんごくオイシイ。
そんなにカロリーもないはずだし、お試し下さい!
[PR]
by lindsey3000 | 2006-09-22 23:57 | 日常生活


<< 2006夏旅行6:世界バスケ写真集 山本昌、マサにミラクルだ! >>