なにげ版2006年間洋楽TOP10(後編)

a0081944_0434128.jpg
写真は正月の3日、オールジャパン観戦の為、早朝実家より向かう列車の中からの朝日です。
翌日、ノロに掛かるとも知らず(-_-)

さて、後半の5位~1位に、行って見ましょう。
※下線は、ユー・チューブのビデオクリップに、リンクしてます。どうぞご覧下さい<(_ _)>

5:「SOS」 RIHANNA
昨年も相変わらずダンス・リズミック関係は沢山出ました。
その中で、音の濃さの点でこの曲が一番。たたみ掛ける音の洪水。
ビデオクリップを見て頂ければわかりますが、結構ナイスバディ(*^。^*)。

4:「Hips Don't Lie」 SHAKIRA feat WYCLEF JEAN
「セニョリータ」の掛け声もぴったりの、ラテンの世界。
歌詞はわかりませんが(汗)、親しみやすい雰囲気の曲。
パワフルで小悪魔的なボーカル、シャキーラは最高かも。

3:「You're Beautiful」 JAMES BLUNT
コマーシャルになったから、知名度はかなり高いかも。
ライブに行けなかったのは残念ですが、CDやテレビで楽しみました。
ちなみに、非常にカラオケで歌いづらい曲です(-_-)

2:「Savin' Me」 NICKELBACK
以前ブログでも書きましたが、メッセージ性のあるビデオクリップが特徴。
チャド・クルーガーの無骨なボーカルが、このバンドの持ち味です。
ヒット曲も多く、来日すればぜひライブを見たいバンドの1つです。

1:「Black House & the Cherry Tree」 KT TUNSTALL
そして1位は?この曲で知った、ケイティ・タンストールでした。
対照的な曲調、ミドルテンポの「アンダー・ザ・ウェザー」なども特筆もんです。
関心を持った方、ぜひこちらもご覧下さい。かなり感じ違います。
アコースティック・ギターがステージ栄えしそうで、昨年はフジロックに単独公演もありましたが、都合で行けませんでした。いずれこちらもぜひライブ参戦したいです。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-01-14 15:19 | この曲を見るんだ


<< 雑炊 なにげ版2006年間洋楽TOP... >>