ポリス東京公演:2)チケット確保と、滝汗な出来事

a0081944_0264226.jpg
写真は、グッズ売り場です。

今回のライブを知ったのは、もうはっきり覚えてないが昨年の9月か10月頃ではなかったであろうか?

まあ、大きな会場だしチケットはだいじぶと思っていたのだが…。
大阪のmicaさんが、ぴあの先行予約に、外れてしまった(汗)。

チケット確保を、軽く考えていたようだ(汗)。
自分も先行予約をしたのだが、我々の世代(苦笑)にとって、ポリスとは思っているより大きな存在と理解した。
祈るような気持ちで(実際ひとつも祈ってないが)、結果を待ったが、見事先行予約をゲット。

これにより、エイジアより1年ぶりの洋楽ライブ参戦と相成った。

そして…。
どんどん、日は過ぎた(爆)。

自分は、ポリスのアルバムは、1枚も持っていないばかりでなく、聴いた事もない。
シングルのビデオを、いろんな番組で見たばかりである。
そんな1月13日マービートさん、ちびさんを囲む会が開催されたのだが、その場でご一緒したイアラ番長さんがCDを焼いて呉れるという事になった。

そして、17日の夜、新日本橋駅で会い、神田の串屋で飲み、話し、そして受取ったのだ。
なんと!、6枚のCD+ビデオ3本(ポリスは2本)まで(@@;)。
しかも、手書きの曲名に、やりそうな曲を赤丸印までして頂いた特注品。
感謝しても、感謝しきれない内容。こんなありがたいことって、あるのだろうか?
大いに恐縮し、串代を500円余分に払ってもらって(ちなみに自分が1つ年上…汗)、駅で別れたのだが。

新日本橋駅のトイレで用を足し(汗)、快速に乗って船橋あたりから座って、千葉で終点だったので成田行きに乗り換え、無事成田駅に着いた。
午後11時半を過ぎていたが、コンビニに寄り、良い気分でアパートに向かって歩いていた。

片手にコンビニの袋、会社カバンは肩に下げて、空いた右手でベースのマネ(恥)をしながら歩いていたが、なにか違和感がある。

なんだろう?ふと、右手を見て思った。
なにか、ここにあったはずだ。
それはすぐ思い出された。

ない!ない!何処にもない。
番長さんにもらったばかりの、CDを入れた袋が!
会社カバンに、入れておくべきだった。

電車か、どっかに忘れたんだぁ(大馬鹿)。

一瞬、もうダメかと思った。
番長さんに合わす顔がない。でも、言わなきゃこの事を知らないから、アルバムは全部買って、番長さんに感想を言えば、わかんないだろう。

そう思ったが、それこそ失礼に値する。

酒も一気に醒めて、来た道を戻り、駅に向かったりんじぃであった(号泣)。

<続く>
[PR]
by lindsey3000 | 2008-02-21 00:26 | 洋楽(ライブ・CD)


<< ポリス東京公演:3)滝汗の再会 ポリス東京公演:1)夢中になっ... >>