我輩の好きなベスト100曲 その34「ファット・ボーイ」ジュエル


我輩の好きなベスト100曲

34)「Fat Boy」JEWEL(1998)

I'm Fat Boy(Namida).
Boy????(Gekiase).
はい、自分のテーマのような曲です(汗)。

ジュエルって言うと、あまり聴きなれてないかも知れませんね。
個人的には、彼女の魅力は弾き語りだと思っています。
ヨーデルで鍛えた美声が澄んで、とてもキレイです。

この曲は…著作権違反ですが(汗)歌詞を読んでもらわないと。
"自分のテーマ"の意味が、分かって頂けると思います(自爆)。

太った男の子がプールに行き、水に映った自分の姿を見て途方に暮れる。
自尊心に満ちていたのが自信を喪失する。
はかない炎よ、誰もあなたを理解してくれない。

太った男の子は1日中、みんなを笑わせるような台詞を考える。
「これは僕のしているゲームなんだ」とか「僕はこれで気に入ってるんだ」とか。
はかない炎よ、誰もあなたの気持ちをわかってくれない。

口をつぐんで、眠って、考えないで、食べればいいの。

あなたはパパのかわいい息子、ママの誇りであり喜び。
彼らはあなたを愛している。
それはあなたが彼らの持ち物だからじゃない。

太った男の子は言う「いいだろうなあ、僕の体が氷みたいに溶けたら。
皮膚を置き去りにして走る風になれたら。」
はかない炎よ、私にはあなたの気持ちがわかるときがある。


すごく心が暖かくなる歌です。
ぜひ上のゆうとべで聴いてください<(_ _)>
[PR]
by lindsey3000 | 2009-04-14 00:06 | ダイエット&この100曲


<< 懐かしの陳健民さん「青椒牛肉絲」 誕生日:またひとつ「じじぃ」に... >>