MFCオーナーさん横浜歓迎会

多くのリーマンが、転勤対象なのか否か、戦々恐々となる(汗)3月初旬、MFCオーナーさんが大阪から横浜転勤になったと某所で発表された。それに即反応したのが島田@浜っ子さんで、若干遅れて(苦笑)反応したのが自分であった。

ここに、MFCオーナーさん横浜お帰りなさい歓迎会の構想がスタートした。さあ、また生中が呑めるぞと期待が高まる(自分だけか?…汗)。そして先日、4月26日夕刻、新宿某所のサイコロステーキの旨い店(笑)で、歓迎会が行われた。
a0081944_23522190.jpg
残念ながら、今回非常に楽しい時間であった為、乾杯の模様等撮影する事を失念してしまった(顔写真を出すつもりはナイヨ、手から先の乾杯風景ネ…笑)。したがってこのビールの写真は、「イメージ」である(さて、どこの店でしょうか?)

今回、主役のMFCオーナーさん、幹事の島田@浜っ子さんに奥様のミィママさん、そして初参加のみっぴぃ@おみつさんの5名がメンバー。その前には都合により参加は出来なかったが、く~ちゃん。さんが駆けつけてくれて某店の割引券を持参して頂いた。ありがたやありがたや<(_ _)>

さて、おみつさんと島田さんは今回初対面であり、待ち合わせをする際顔が分からないという事で、若干苦労されたようだが、そんなことはつゆ知らず(汗)、自分のみ待ち合わせに遅刻した(汗)。新宿駅には40分も前に着いたのだが、タワーレコードでのん気に「ほぅ、ほぅ」とフュージョン系のCDを見ていて、広大な新宿と自分の衰えた足腰の計算に失敗し、早足で頑張ったものの、遅延したのである。したがってく~ちゃん。さんとは、二言三言言葉を交わしただけだった(お前が遅いんだよ…汗)。

勝手知ったる某店で、5人での宴席が始まった。ミィママさんを除く4人が生中であったが、「6時までなら100円になりますよ」の可愛い店員さんの言葉に、歓声が上がる我々(笑)。

さて、事前に自分はおみつさんに、定例会に理解をしていて頂きたく、下記のようなメールを送った。
「基本的に定例会と言うのは、呑んで食べて、洋楽を含めた世間話をする会です(爆)。 」

これに対し、おみつさんの返事は…。
「ぶははっ!呑む方は、そんなでもないですが、食べる!世間話!は大得意で御座います。(爆) 」
※メール、書いちゃった。良かったかな??

これを読んで自分は安心した。今回の定例会はうまく行くぞと。普段ネットでのやり取りはあっても、やはり初対面となるとそれなりにドキドキされたようです。自分もそのあたりは若干(若干かいっ!…汗)気にしていたが、そんな事は杞憂であった。自己紹介的な話に始まり、クィーン、サザンオールスターズ、オフコース等々、比較的音楽の話題が多い中、まったりと進んだ(詳しい話は、すでにメモリーから削除されております…汗)。
途中、注文用タッチパネルの不具合があり、再起動するとウィンドウズの画面(だったっけ?)が出て、ネット人間一同盛り上がる(笑)。

そんななか、おみつさんは埼玉のなんとかと言う(爆)なにやら遠い駅なので、帰宅時間と相成った。浜っ子さん夫婦が見送りしたあとも引き続き呑んでいたが、自分が成田なので(劇汗)、解散する事になった。我輩は日暮里発22:06分のイブニングライナーで京成成田駅に無事着き、23:30頃にはアパートに帰った。

ところが、この帰宅直前に、自分に異変が起こった(劇汗)。

のどが、どうもおかしい。なにかのどに割り箸でも挟まった感じがする。
帰宅すると、なんと唾を飲み込めない(涙)。どうやら逆流性食道炎の症状が出たようだ。
自分は、以前日記にも書いたが、この病気のおかげで、昼食時に飲み込めなくなる事が過去にしょっちゅうあった。原因は胃がすこぶる元気で(汗)胃酸が出過ぎるためで、胃酸を押さえる薬を飲んで最近は殆ど問題ない。しかしこんなタイミングでこの症状は始めてである。

さすがに不安になって、これまでの行動を考えてみたが、普段と違う行動がひとつだけあった。
それは、「梅酒をロック」で飲んだことだ(汗)。梅酒とは言えストレートではアルコール濃度が高い。これに胃が反応したものと思われる。
結局、翌日はまだ違和感があったが、喉に詰まる事はなかった。翌々日からは、好物のから揚げ定食もペロリである(笑)。ひとまず安心した。

記憶を失うばかりが注意点ではない。皆さん、酒にご用心である(反省)<(_ _)>

※ちなみに、主役のMFCオーナーさんは、8月22日に「フォリナーセッション in 東京」を開催します。
エントリー表は、「こちら

多くの方のご観覧(ご参加)をお願いします<(_ _)><(_ _)>
詳細は、またあとで(をい!)
[PR]
by lindsey3000 | 2009-05-01 23:52 | お出掛け


<< オフコースの世界 2009年4月の玄関 >>