我輩の好きなベスト100曲 その36「ドント・ギブ・アップ」ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ


我輩の好きなベスト100曲

36)「Don't Give Up」Peter Gabriel & Kate Bush(1986)

誰にも、人は若かりし頃があります。
1986年。そう、りんぢが大学2年の頃の曲です。シングルとしてはヒットしませんでしたが、「21世紀に残したい歌」に、見事選ばれてました。
すでに、21世紀も10年近く経ちましたが(汗)。

大学の同期に、ちょっと個性的な女の子がおりまして、なんと彼女が「ケイト・ブッシュ」のファンでした。
当時、人気があったとは言え、ケイトのファンってそんなに居なかったのでは?自分もケイトの曲は知りませんでしたが(名前は知ってましたが)最初はあまり感心を持ちませんでした。

けど、この彼女と話をするようになって、ダビングしたカセットを貸してもらいましたが、これが意外にも気に入っちゃいまして、自分もケイトのファンになったのです。頑固なりんぢも人に影響を受けることが分かりました(汗)。
その頃、「ビック・タイム」と言うシングルでピーター・ガブリエルを気に入った我輩は、『So』と言うアルバムを買いますが、そんなかにこの「ドント・ギブ・アップ」は入ってまして、そう、この『So』を彼女に貸してあげたのです。
もちろん、彼女も気に入りましたよ。教えてくれて嬉しいって。やったー。

で・・・その、あの、この話はこれで終わりです(汗)。つまらん?いやー、自分は実は別にターゲットの女子が居たんですよ。
その女子はデビット・ボウイのファンで、『でびちゃん』なんて呼ぶもんだから自分もボウイのファンになって…まぁいいでしょ。23年前の思い出でつ。懐かしいですね、あの頃、自分がもう少し押しが強ければ、面の皮が厚ければ(遠い目)。

あれから23年、ケイトもピーターも「でびちゃん」も、みんな現役で活動してますね。ピーターは、見た目すっかり、おぢいちゃんになっちゃいましたが(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-05-13 23:46 | ダイエット&この100曲


<< ちょっと気が重いなぁ、ふーっ(... ラブストーリーは「とんてき」に(謎) >>