カテゴリ:洋楽(ライブ・CD)( 53 )

ビートルズ・コピーバンド「SHIROKUMA Company」ライブ

今回、「Rainy Day Girl #12 & 35」のドロたんさんが、所用で東京に来る事になった。
これを受けて、ジャスミンさんHP等でおなじみのいまちさんが、「ビートルズコピーバンドライブ」
で歓迎する事になり、これに自分もドロたんさんから招待を受けた。

我輩、ビートルズ世代ではない(汗)。
しかし、知っている曲は10数曲に上るし、いつかはビートルズと思ってはいたので、この企画はグッドタイミングであった。
結構わくわくしながら、久方ぶりの六本木に向かったのだ。

しかし・・・今回お会いする方は、全員初対面(汗)。
小心者のりんぢ(汗)。普段ならビールでもあおるところだが、今日に限っては実に自然に落ち合うことが出来た。

まずはドロたんさんと対面。
ベーシストであり、キーボーディストである彼女は、某所における、「以前は、刻みタバコをウザげに吹かし~ミュージシャンがドラッグやるのは当たり前よ~( -o-)y-~~~という雰囲気。」との紹介文が頭に残っていたが、実際の印象は実に魅力的でシャイな印象の方だった。

そして、いまちさんと対面。
背広姿で本日もお仕事だった<(_ _)>と言う彼は、背が高く紳士で、男の自分から見てもカッコいい。
ギターを弾くそうで、パンクを中心に音楽知識もすごく豊富そうだが、ビールがお好きみたいで(笑)、彼の何%かはプリン体で出来ているかもである(謎)。

時間が早けりゃ東京タワーの階段を上る事も出来たが、今回は六本木ヒルズの展望台に行く事になった。
もちろん自分も行った事がない(爆)。おのぼりさん気分で2人に付いて行く。
a0081944_2326333.jpg
ドロたんさんは、どういうわけか東京タワーに熱烈に関心があり、何枚も写真を撮っていた。
自分もいろいろ写真を撮ったが、東京タワー周辺で勤務しているという事もあり、眺めていてもやはりこの辺が興味深く感じるのである。
a0081944_23265283.jpg
オリジナルグッズの写真を撮ろうとして店員に叱られたり(汗)したあと、料金に含まれている森美術館のイベントを見て回った。
この写真のイベントは、なんと本日からであったが、若い頃はデザイン画、後期は建築家として活躍した作品が飾られていた。映像も沢山あり、やはり身近な建築物に興味を感じ、わずかな時間ながら薫り高き芸術を満喫したのだった(爆)。

でも、作品のソファー50万円は高すぎるなあ(汗)。
a0081944_23271217.jpg
この日はビアフェスタがあり、5社(オリオン含む)のブースがここそこで在ったが、結局びいるは居酒屋で飲むことになった。
a0081944_23273310.jpg
その居酒屋にて。
なんて言う店だっけ(汗)。
ホッピーと言うと、いかにも東京の雰囲気を感じますね。
後に、フュージョンのライブハウス「スイートベイジル139」が見えます。
分かりますね、浜っ子さん??
a0081944_23275956.jpg
さて、ドロたんさんは最近体調を崩されたそうだが、その時ベジタリアン?生活をしたら具合が良いので、今も肉や魚や乳製品を取らないらしい。
したがって、つまみは豆腐サラダ等それに沿ったものを食べたが、これはにんにくを丸ごと調理したもの。
すんげーにおい(笑)。でもこれが体にいいのだろうな。むしってるのがドロたんさんの手で、待っている?のがいまちさんの手です。
a0081944_23282171.jpg
さて、謎の「ジョン・レモン(汗)」を通り過ぎたあと・・・。
a0081944_23284334.jpg
着きました。本日の会場「CAVERN CLUB」。
この日は「SHIROKUMA Company」の日でしたが、席はなんと、キーボードのまん前。
これは良いステージが期待出来そうです。

さてここで、本日の残りの1名が、到着。
メイド院(ペルシャ猫)さんです。
自分は彼女が来る事を当日聞いたので、どんな方だろうと思っていたら、これまた素敵な方でビックリ(ヨイショでは無い…笑)。
ミュージカルが好きで、「ジーザス・クライスト・スーパースター★ファンの日記」と言うブログもやっている。
お仕事は、なんと通訳&翻訳(@@;)凄すぎる。
「I am a pen.」と言いそうなりんぢとはえらい違いだ(汗)。
a0081944_2329477.jpg
ライブは、約30分程度のを6ステージもするらしい。
ビートルズは、1曲も短く、しかもレパートリーが多く飽きさせない内容で、タイトルはわかんないものの半分の曲は知っていた。
そして、演奏はめちゃうまだ!!
リクエストも書いたが、「”初めて来ました”と言う人は優先的に取り上げる」と良い、初めての方は?と聞かれたとき手を上げはしたが、なぜか自分に何をリクエストしたかメンバーに質問されびびった(汗)。
「ベタなところで、レット・イット・ビー」と言うと、これはセカンドステージの頭でやりますよと言ってくれた。もちろんこの曲も素晴らしかった。
a0081944_23292049.jpg
本日のお誕生日の方をお祝いしステージに上げたり、盛りだくさんなステージはサードステージまで見ることが出来た。
そして、スピーカーの隣であり、エアコンが容赦なく吹き付ける悪環境ながら(汗)、いろいろ話したのは実に楽しかった。こんなんだったら、これからも年に2回は来たいものである。
a0081944_23294548.jpg
それが証拠に、有名ミュージシャンのサインが店頭に書かれていた。
ブライアン・メイバンド?ロジャー・テイラー?とか、その数多数であった。
殆ど読めなかったが(汗)。
a0081944_2330295.jpg
ちなみに、このシロクマカンパニーは、11人のメンバーが交代で出てるらしい。
本日のメンバーが気に入ったから、今度も本日のメンバーが良いなと思ったら、チラシにすごい人が書いてあった。
ん?清水仁?えっ、あの元オフコースの?
そりゃすごいはずだ。他のメンバーの経歴もすごい人ばかり。

シロクマカンパニーの日に当たって、ラッキーだったかもです。

いまちさん、ドロたんさん、メイド院さん、ありがとうございました<(_ _)>
a0081944_23302767.jpg

さて、これはドロたんさんから頂いたお土産。
※自分からは、成田名物米屋の栗蒸し羊羹?を渡しました。

花月堂って書いてあるけど、島田歌穂さんのご実家も、そんな感じの和菓子屋さんじゃなかったっけ?
a0081944_2330462.jpg
そう思いながら、封を開けると・・・。
なんと、片寄ってる(爆)。

しかし、美味しさに変わりは無く、あっという間に平らげました(夕飯のあとなのに)。
はい、あとはダイエットに励むばかりです(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-05-28 00:52 | 洋楽(ライブ・CD)

ASIAライブレポート

3月4日の日曜日、オリジナルメンバーとしては初来日になる「エイジア」のライブを、名古屋にて観て来ますた。
約1年前の、ローリング・ストーンズ以来の、洋楽ライブです。

エイジアと言えば、ヒット曲「ヒート・オブ・ザ・モーメント」しか知らなかった自分(爆)。
しかし…あのコーラスワーク、あのサウンド、きっと気に入るに違いないと、参戦を決めたのであります。

今回のエイジアは、バンドのオリジナルだけではなく、各メンバーが在籍したバンドのヒット曲も演奏(@@;)
よし、予習に励もう。そう思ったものの、予習は進みませんでした(汗)。
理由は、まあわかると思いますが。
結局、浜っ子さんより頂いた映像、そしてファーストアルバムを何度か聴き、会場に乗り込みました。

会場の愛知県勤労会館がある鶴舞(つるま)公園は、かつて花見も開いた懐かしの地。
そこで、三重亀山在住のにゅ~めんさんと、無事落ち合う事が出来ました。
話をしていると、これまたにゅ~めんさんのお仲間のポール森屋さんとKOSSさんとも合流。
もっとも、座席はばらばらなので、会場入り後いったん別れました。

自分の席は、2階後方、壁まで数メートル(汗)。でも舞台まではそう遠くないし、わくわく感が勝ってました。

時間となり、クラシックの曲の流れる中、メンバーがわらわらと出てきます(笑)。
スティーブ・ハウじいさん、スマートやな。
ジョン・ウェットン、ジェフ・ダウンズ。な、なんやその腹(劇汗)。
カール・パーマーは、短髪?で現場の技術系の主任って感じ(謎)。

1.Time Again
お、ファーストの曲やな。思い出すぞ。
けど、曲名と一致せん(汗)。元気の良い曲。

2.Wildest Dreams
これもファースト。結果的に一番印象的な曲になった。
エイジアの曲には、哀愁というか歌謡曲的な雰囲気があるが、この曲もそんな感じ。

3.One Step Closer
これもファースト。ハウじいさんの弾くギターに聴き惚れる。

4.Roundabout
言うまでもなく、イエスの名曲。だが、自分は聴いた事が殆どない(汗)。
でも、楽しんで聴けました。

5.Without You
ジョンのボーカルがさえる、ファースト収録の曲。ジョンのボーカルは時によって出来に大きな差があると聞いていたが・・・この出来は最高なんじゃないの?

6.Cutting It Fine
ハウじいさんのギターが印象的な曲だった。

7.The Clap
その、ハウじいさんが椅子に座って弾くアコースティック・ソロ。
イエスの曲らしいが、知らない(汗)。でもアコースティック・ギター自体好きなので、ソロ演奏は楽しめた。

8.Fanfare for the Common Man
ELPのインスト曲。今回のエイジア以外の曲では、一番良かったですね。
凄腕たちの技を発揮するのは、インストが良いかも。フュージョンのライブの盛り上がった場面のようで、ギターとキーボードのソロ合戦は濃い演奏が楽しめました。

9.The Smile Has Left Your Eyes
アコースティック・セットでセカンドの曲。セカンドは予習外(汗)なので、さっぱりピーマン(謎)。

10.Don't Cry
こりもセカンドの曲、だったらしい(汗)。

11.In the The Court of the Crimson King
キング・クリムゾンの名曲。ゆーじさんだったら、「ほー」と聴き込むところだろうが、殆ど知らないので、「これがクリムゾンか」と言った感じで聴いていた。

12.Here Comes the Feeling
ファーストの最後に収められた曲。予習をしていて、一番先に気に入った曲だ。

13.Video Killed the Radio Star
台の上にへんなものが置かれたので「なんだ?」と思ってたら拡声器だった。
そう、冒頭のボーカル部分をこれで歌ったのだ。そしてダウンズはサングラスに銀色の上着を着て演奏。 盛り上がりましたよ。

14.The Heat Goes On
セカンドから。タイトルからヒート・オブ・ザ・モーメントと間違えそうになった。
後半のパーマー主任のドラムソロは、圧巻(@@:)。
こんなにドコドコ手数の多いドラミングは初めて。びっくり。
何を食えば、こんなに機械みたいに叩き続けられるのか(汗)。
一部「リズム感がない」との批評もあるみたいですが、自分はこのカール・パーマーと言うドラマーを気に入りましたよ。

15.Only Time Will Tell
ファーストより。ボーカルが突き抜けるように映える曲。
ライブもそろそろ佳境を迎えたかなって感じだった。

16.Sole Survivor
こりもファーストだが、後日仕事中に頭に浮かぶほど印象的だった曲。
ウェットンのボーカルにつきます。ホント、伸びやかな見事なボーカルでした。
ここでいったんメンバー引っ込む。

アンコール
17.Ride Easy
知らない曲(汗)だったが、残り少ないライブを楽しもうと・・・そんな感じ。

18.Heat of the Moment
キター。やはりこりが最後か。会場大いに盛り上がる。
途中、観客に歌わせて、そのあと再びサビの部分から歌い直すなど、この曲を長く聴きたいと願うファンの心理に答えた、見事な水増しバージョンであった。

会場を出てからは、4人で軽くお食事。確か「銀座ライオン」だった気が。
自分はエビスを頼みました。
にゅーめんさんは、自分より関西弁なまりが強く、ハキハキ喋るのが印象的。
この日は体調不良とのことでしたが、楽しめたようで良かったです。
KOSSさんは、にゅーめんさん同様音楽知識豊富な方。
(ネットも含め)初対面でしたが、いろいろ話をして頂いて感謝です。
ポール森屋さんも、(ネットを含め)初対面。サクサクと注文する姿が印象的。
若かりし頃の話は迫力があって(爆)、面白かったです。

その後は…夜行バスで東京に戻り、そのままエアポート成田で空港第2ビル駅へ。
500円払ってシャワーを浴び、バスで会社へ(汗)。
同僚からは「タフだね(汗)」と、言われました(笑)。
a0081944_13163538.jpg
さて、お土産として購入した黒T。
a0081944_13165215.jpg
最近は、パンフレットなんて、買いません。
実用的な、黒Tに限ります。すでにスポーツクラブで活躍ちう。
でもLだと小さい。LLか3Lが欲しかったな(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-03-21 12:44 | 洋楽(ライブ・CD)

ASIA参戦!

a0081944_0295889.jpg
久々の、ライブでつ!

オリジナルメンバーでの「エイジア」ライブ参戦です(嬉)。
来年3月ですが、すでにチケットゲットしました!
しかも、ついうっかり2ヶ所も(劇汗)。

例によって、行動の遅い自分は、東京の土日のチケットを取りそこね、名古屋の日曜のチケットを申し込みました。
しかし、取れる保障はありません。
で、平日の東京のチケットを見ると、まだ空席販売があったので、思わずゲットしてしまいました。
安心のあまり、名古屋のチケット申し込みを取り消し忘れました。
で、当選通知(汗)。2ヶ所のチケットが、手元に(汗)。

今後、2ヶ所行くのか、1ヶ所他に譲るのかは未定です(汗)。
多大な交通費・・・平日公演なら休暇申請(汗)。
めんどいです。

さて、上の写真(下端)にもあるように、エイジアヒットだけでなく…
「イエス」「ELP」「キング・クリムゾン」「ザ・バグルス」も演奏するみたい。
当然、その殆どのヒット曲を知りません(-_-)

で、皆さんにお願い。
予習をするのに、ベストなCDを、教えて下さい。
各バンドに、1つくらいは購入したい。

よろしくお願いします<(_ _)>
普段、カキコしない人も(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2006-12-21 00:30 | 洋楽(ライブ・CD)