<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」を、見終えて

3週前の土曜の成田、そして最終日の本八幡にて、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を、2回観て参りました。

諸事情で観れなかった方も多いかと思いますが、DVDがいずれ出るまでは、この予告編?をご覧下さい。
いやー、洋楽ファンなら絶対観るべきですよ。すごく楽しいです。感動です。部屋を暗くして、映画館と同じようにして、出来ればポップコーンを用意して(爆)、DVDを観ましょう。

さて、自分は一体、いつマイケルを知ったのかなと考えましたが、おそらく1984年か85年だと思います(もうはっきり覚えてません)。
洋楽番組で、「ビリー・ジーン」や「ビート・イット」あたりのビデオクリップを見たのが最初でしょう。もちろん、雑誌等で名前なんかはもっと前から知ってたはず。つまり『スリラー』も、後追いだったと思います。

それから「ブラック・オア・ホワイト」まで、まぁまぁ気に入ったり、そうでもなかったり、シングル曲を聴いた程度です。数多いアーチストの一人でした。
アルバムを買おうとか、ライブに行こうとか、そこまでは思いませんでした。ライブを観た事も、インタビューを読んだ事もないし、最近までのゴシップなんかみて、「ああ、そうなんだ」って思いました。

つまり、自分の中では、報道される情報以上のものは知らず、そのためすでに「現役アーチスト」と思ってませんでした(汗)。

なぜか?それは10年?位前に、ベストヒットUSAで新作ビデオクリップを見たのですが、曲もさっぱり魅力なく、なによりダンスが全然動けてない。体も気のせいかふっくら?まぁ年齢を重ねたから仕方ないけど、今後マイケルの新作は期待出来ないと。
それに、春のロンドンライブ記者会見でも、なんか変な髪形で、変ににやにや、魅力を感じませんでした。どうせ今さら大した事ないだろうって。

そんななかの、あの日。
昼前に、なにげなくヤフーを観て、最初は意味が分かりませんでした。
ニュースヘッドライン欄の「マイケル・ジャクソンさんが死亡」。え、なにこれ、どういうこと?
ロンドンの、ライブをするんじゃなかったの??

驚きました。それからは、マイケルの色んなニュースに注目しました。
「たいしたことないやろ」と思いながら、やはりずっと気になる存在だったのかも知れません。そして、色んな事が分かってきました。
追悼式の、娘さんの挨拶。本当のマイケルって、思ってたのとは違うのかもしれない。

「THIS IS IT」で、ようやく分かったのかも知れません。初めて見たマイケルのライブ、初めて見たマイケルの素顔。そして鍛え直したのかどうか、全盛期と遜色ないスタイル・ダンス・ボーカル。すべてに満足し、感動しました。
90年代の曲にも、名曲揃いと初めてわかりました。ライブもこんなにエキサイティングとは。なにせライブも初めて見たもんですから(汗)。ライブの細部に至るまで理想の姿をイメージし、それを実現するソロ・アーチストとしての苦労も分かりましたが、1曲1曲観客を飽きさせないようバラエティーに構成された、このライブが実現しなかった事を、本当に残念に思いますね。

すっかり見る目が変わりました。

そして、おとついの2回目の映画鑑賞では、ホント楽しみました。1回目はどんな映画か、つまんなかったらどうしようとか思っていただけに。2回目はまさにライブ鑑賞そのもの。足を踏み鳴らし、体をゆすり、周りから見ればさぞかし変な客だったのでしょう(大汗)。
ふと見ると、隣に座った20代の女の子(注:知らない方です)は、涙を流していました。全盛期を知らないと思われるこの世代まで、全世界で、どれだけの人が”真実のマイケル”を知った事でしょう。製作にあたってはいろいろ反対意見もあったかもですが、本当にこの映画を見れて良かったと思います。

音楽って楽しいし、元気が出る、癒される。そんな感じです。仕事が大変で、長距離通勤が大変(汗)で、ちょっと参って居た時、本当に元気が出ました。いずれDVDが出たら購入し、時々は観直したい。自分に取っては「レ・ミゼラブル」に並ぶ存在となりました。
a0081944_23441629.jpg
さて、そんな話の伏線として、マイケル以外にも素晴らしいミュージシャンが居ましたね。

「アイ・ジャスト・キャント・ストップ・ラビング・ユー」をデュエットした女性ボーカリストと、この写真の女性ギタリスト、魅力的で、カッコ良かったですね。

すっかりひとめぼれです(照)。彼女、独身なんかなぁ。
そう思いませんか?男性諸君(笑)。

この映画で、オファーが沢山あると思うし、今後の活動に注目ですね。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-11-29 23:42 | 洋楽(ライブ・CD)

アドヴァイス求む!1mmも英語分からないのにTOEIC受験(汗)

a0081944_23283482.jpg
※注:写真と本文は関係ありません(汗)。

さて、グローバルな世の中、英語が出来ると仕事に有利ですよね。

洋楽の歌詞が分かるし
洋楽の海外製作のドキュメンタリーが字幕なしで分かるし
洋楽のアーチストにメールが打てるし
洋楽の…(をい!仕事だろ!!)。

で、本日会社の親分から、TOEICの受験を命ぜられました(滝汗)。
英語は1mmも分かりません。今英語で挨拶を求められたら…。

「This is it!」と、答えるでしょう(それは、ない…汗)。

別に、実際以上の背伸びした結果が欲しいとは思いませんし、親分も英語が出来るなんて思ってません。
自分の立ち位置が分かるし、そこからスタートや(何を?)と言ってます。

試験まであと2ヶ月。
しかしながら、何もしないのはいやで、何かはしようと思ってますが、なにをやったら良いのやら。

と、言う事で、何かアドバイス(叱咤激励とも言う…汗)をお願いします<(_ _)>
清き1票を、ぜひ(勘違)。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-11-16 23:39 | 日常生活

デジカメ写真館:秋の成田

5月9日(だっけ?)の日記に同じようなのを掲載しましたが、日が暮れるとテンションが落ちるので(汗)、晴天の中近所を散歩をして来ました。

空気が澄んで、非常にさわやーかでしたよ。
a0081944_19251565.jpg
すすきの穂が、いたるところでなびいていました。

a0081944_19254265.jpg
もうこんなのは走らないだろうな。

a0081944_1926887.jpg
さて、5月も撮影した、標識の中をつたって先まで伸びた、雑草?です。

a0081944_19273623.jpg
わざと逆行で撮影すると、こんな感じ。

a0081944_1928131.jpg
我孫子に向かう成田線は単線で、1時間2本です(汗)。

a0081944_19283218.jpg
これも、ちょっと逆行にトライしてみましたが…。

a0081944_19285050.jpg
キャデラックは通っちゃダメですよ(通らねえよ)。

a0081944_1929674.jpg
遠くに今度開通する成田高速鉄道(だっけ?)の橋脚が見えます。

a0081944_19292071.jpg
こういう道を、子供の頃さんざん歩きましたね。

a0081944_19295548.jpg
なんか知らんけど、すごい勢いのある草。

a0081944_19345468.jpg
刈り取りの終わった田んぼから、またちょろちょろ伸びてくるのも秋って感じ。

a0081944_19352759.jpg
田舎を走る都会風電車。上野まで行きます。

a0081944_19355730.jpg
謎の洞窟入り口を発見(うそ)。

a0081944_19361745.jpg
個人的には、この写真が一番気に入ったのだけどな。

a0081944_19371127.jpg
最後のコスモスも入れてみました。

a0081944_1938328.jpg
地球にやさしい人生を送りましょう。バイキングでの食べ残し厳禁とか(汗)。

あなたのお気に入りはありましたでしょうか?
ではまた明日からお仕事頑張りましょう(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-11-03 19:40 | 写真

マイケル・ジャクソン「これがそれ」

はいぃ、勝手に和訳してタイトルが変ですが(汗)、映画:マイケル・ジャクソン「This is it」を見てきました。
行ったのはアパートから車で10分ほどの映画館。混雑を予想し、土曜日夜9時からのレイトショーにしました。
こんな時間に、ひとり行っても文句を言われないのは、一人暮らしの特権?(号泣)。
a0081944_124311.jpg
もちろん、ポップコーンと共に(サイズはSです。念の為…汗)。

すべての映画館ではないですが、好評のため上映期間が2週間から4週間に伸びたところ。
ネタばれがあるので内容は書きませんが、特段のマイケルファンでない自分が見に行っても、大変興味深く、しかも楽しい映画でしたね。
a0081944_13698.jpg
結論は、「洋楽ファンなら、行くべし」ですね。
洋楽ファンでなくとも、モノ作りに携わる方、または会社でPJをやってたり会議の事務局などやってる人も見るべきかも。

23時終了。タイミングが合えばもう一度見に行きたいとさえ思う映画でした。

その後は、そのまま大好きなスーパー銭湯へ直行!
この映画を見た人は多いと思いますが、直後にスーパー銭湯に直行した奴は、多分少ないだろう(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-11-02 01:15 | 洋楽(ライブ・CD)