<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大震災、発生前日から本日まで

a0081944_18581628.jpg
写真は、近所の神社の倒れた灯篭です。

みなさんこんばんわ<(_ _)>
ここでは、大震災前日から、本日までの自分の行動を「記録」として記してみたいと思います。
鶏頭の自分が、この事を忘れないため(汗)。

3月10日(木)
仕事(自部門移転作業とだけ言っておきましょう)で窓際に段ボール箱を5段に積み上げるが、心配になって夜4段に戻す。
東北の地震を思い出し、まさかとは思うが関東でも地震が起こって、窓ガラス割れたら大失態(汗)なので。

3月11日(金)
15時前、ある件でど文句(汗)を言おうと、椅子にそっくり返って電話する。次の瞬間、上下に体が揺れ、ひっくり返りそうになる(汗)。
いくら文句を言うのでもこの態度はいかんと体を起こすが、揺れは止まらない。周りから「地震だ」の声上がる。昨晩気にした、あのまさかの地震である。

そのあと、段々横揺れが始まる。揺れは段々強まり、よくテレビで見る地震体験車みたいな、がっしゃがっしゃとした大きな揺れになる。
ここは40階建ての13階だ。こんなに揺れるのは、ビルが倒れないために、あえて揺れるようになってからだ。でも、そうわかっていても怖い位の揺れになってきた。館内放送でしきりに注意が流れる。間仕切りがぎっしぎっし言う。女の子の悲鳴もあがる。さすがにこりゃまずいんじゃないのと思うくらい揺れる。ビルまさか倒れないよね。もういいだろ、終われよと念じながら2分程?ようやくゆっくりと収まる。ビルなんで、その後も数分揺れ続ける。しかも何回か余震がやってくる。

となりのゾーンがテレビを付け、ようやく全国的な規模の大きな地震とわかる。東北は震度7?ありえん!しばらく放心状態で仕事に戻れない。フジテレビが燃えていると誰かが言っている。見ると確かにそんな感じだ。だがフジテレビはいつ通り放送してる(汗)んで、その向こうが燃えているようだ。夕方には千葉方面で真っ赤な火柱が燃え上がった。タンクが燃えているようだ。ビルのまどからその炎を見つめる。携帯でミクシーを見ると、長野のマイミクさん情報で、海上コンテナや家が流されていると知りびっくりする。こりゃただ事じゃない。



JR始め電車が全然動かないみたい。自分は翌日休日出勤なので家に帰りたかったが、翌朝もどうなるかわからないので会社に泊まることになった。3分の1が宿泊することになった。何人かの社員がどこかのコンビニでカップ焼きそば等を人数分調達し、これが夕飯になった。PCも資料もすべて梱包したので、みんなすることもなく、ぺちゃくちゃ喧しく喋ってるグループと、疲れて寝ているグループ。明日の事を考え電池不足にならないよう携帯の電源を落とし、自分も午前1時には会議室の椅子に横になる。しかし中々寝れない。

3月12日(土)
朝になり、電車が段々動き始めると、ぱらぱらと帰宅難民も帰って行く。しかし、本日の移転が中止と発表され非常に落胆する。
えー、まじ?詰めた荷物をまた出さなければいけない。なんの為頑張ってきたのか、そしてまた週末は梱包。一気に疲れが増す。みんなにはなんと言えば言いか?でも天災に文句を言うわけにいかない。
月曜に文句の出ないよう、あらかじめ連絡網で通達し、その後電話等復帰の作業をする。疲れた。

3月13日(日)
この状況では遊びにも行けず、家に居て津波の映像ばかり見ても落ち着かないので、会社で短時間復帰の作業をする。疲れが取れないまま、月曜へ。

3月14日(月)
朝みんなで頑張ればすぐ片付くと思ったら、なんと計画停電と言う新たな逆風(涙)が吹き、40人中5人しか出勤していない(大汗)。作業は進まないが、お客もこんなんなので厄介な電話もなく、帰りの足も心配なので早く帰る。
しかし、田町駅はすごい人で外回りの電車に乗れない(涙)、一計を講じ、内回りの電車に乗ることにする。主な駅で4分くらい必ず止まるので、普段は真っ直ぐ10分程度の所、1時間半掛かり目黒まで行く。疲れた。

3月15日(火)
どうしようもないので、とりあえずやり直しの仕事をする。早く仕事を終え、なんとか帰宅するも、テレビは福島第一原発の話しばかり。どよんとした気分になる。

3月16日(水)
1時間ほど早く出勤し、1時間程いつもより早く帰る日が続く。

3月17日(木)
午後4時ごろ?館内放送で、「大規模停電の恐れあり、即帰宅せよ」とあり、大いに驚く。海江田大臣談話があったそうだ。また逆風かよ(涙)。もうこれ以上の逆風はいらないよ。即帰宅するわけに行かず、サーバーのシャットダウン等連絡する。今週末の移転がまた延期になったらと心配になる。精神的に疲れる。

3月18日(金)
昨日が嘘のように、海江田さんもなにも発言しない(汗)。昨日はなんだったのだろう。移転準備はスムーズに行き、明日の出勤は無くなる(嬉)。

3月19日(土)
久々の休みは整形外科へ1ヶ月ぶりのリハビリに行き(汗)、部屋の断捨離(苦笑)をして過ごす。

3月20日(日)
某所へ買い物に行く。み○ほ銀行が引き落とし不可にも関わらず、仲道郁代さんのショパンのピアノCDを衝動買いし、財布がピンチになる。

3月21日(祝)
出勤し、移転作業を無事実施する。ほぼ1日掛かりだが、無事終わる。疲れた。

何度も言いますが、東北の方の沿岸の方のご苦労に比べれば、こんなのは屁みたいなものです。それでもそれなりに苦労はしました。
数年後、この日記を見たときどう思うか、そう思いながら書きました。
被災地の状況が一刻も早く改善する事を願います。自分も、出来る範囲でいろいろ力になりたいと思います。
ご清聴ありがとうございました<(_ _)>
[PR]
by lindsey3000 | 2011-03-21 19:06 | 日常生活

ダリル・ホール&ジョン・オーツ・ライブ in 武道館

すでに先々週土曜の事で恐縮ですが(汗)、自身3回目になる、ダリル・ホール&ジョン・オーツのライブに、武道館へ行って参りました。

過去2回行きましたので、今回はどうかなって思ってましたが、パンダ69さんのお誘いを受け、観に行った次第であります。

最近ではギターを担当の大好きだったT-ボーン・ウォルクが昨年急死し(号泣)、今回のライブが心配でありましたが、結論から言うと素晴らしいライブでありました。
a0081944_23554039.jpg

彼らのライブを初めて見たのは90年代後半の名古屋でのアコースティック・ライブ。T-ボーンはギターを担当してました。
その次は2003年頃の東京フォーラム。ここでは通常のバンドで、T-ボーンはベースを担当し、恒例の頭の後ろでの演奏も披露してくれました。

そして今回。全盛期のバンドメンバーはすでにサックスのチャーリー・デ・シャントのみ。他は「ダリルズ・ハウス」でのメンバーがメインのように思いました。

事前に情報を得て、90分の(実際には100分だった)引き締まったライブと聴いていたので、集中して聴こうと思いましたが、いざ聴いてみると、曲ごとにCDとは違ったアレンジで工夫され、実に楽しいライブでした。
特に、ダリルの声は1曲目こそまだ準備運動が出来てない感がありましたが、その後は声も良く出ており、実にイイカンジなのでありました。

曲目は以下の通り

Maneater
Family Man
Out Of Touch
Method Of Modern Love
Say It Isn't So
It's A Laugh
Las Vegas Turn Around(ボーカル:ジョン)
She's Gone
Sara Smile
Do What You Want, Be What You Are
I Can't Go For That (No Can Do)

休憩

Rich Girl
You Make My Dreams

休憩

Kiss On My List
Private Eyes
※曲目は、MFCオーナーさんのブログより拝借。ありがとうございます<(_ _)>

特に…リッチ・ガール?の途中だったっけ?メンバーが一斉に蛍光色のついたタンバリンを同じ方向に動かした時は、蛍光色の光の美しさに、感動で息が止まる思いでした。

ユア・イマジネーションも、エブリシング・ユア・ハート・デザイヤーズも、ハウ・ダズ・イット・フィール・トゥ・ビー・バックも、ポゼッション・オブセッションも、ミスト・オポチュニティもやって呉れなかったのは、非常に残念でございましたが(汗)。

ご参考に、ゆーとべより、比較的最近の今回のライブに近い映像を探してきました。
3年程前の、アコースティックです。もちろんT-ボーンも健在時のものです。

ご覧下さい<(_ _)>



さて、比較的早い時間に終わったので、パンダ69さんとどこで腹ごしらえするか探していた所、なんと洋楽パンフを格安(200円)で売る店を発見。

見ると、ホール&オーツの過去のもあるある。これを全面に出せば完売間違いなしなのに、商売下手だなあとか話しながら、自分はこの1984年のを買いました。
a0081944_23561471.jpg

バンドメンバーもちゃんと紹介してるのが嬉しいですよね。

その後は「世界のやまちゃん」を偶然発見し、空腹を癒し、いろんな話をしたのでありました。
a0081944_23563681.jpg

さて、ダリルもジョンもまだ60歳を越えたばかり。

まだ次の来日も期待出来ますね。うん。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-03-10 00:19 | 洋楽(ライブ・CD)

「エス氏」の魅力

なにか、星新一さんのショートショートみたいな、タイトルですが。

わたくし、すっかり魅力に、ハマりました。



もうひとつ、どん。



「エス氏」の内面の魅力は、「自然体」だと思います。
自分も、「エス氏」のように、皆に愛される為に・・・。

まずは明日の晩は、カレーライスにするか(笑)。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-03-02 00:49 | テレビジョン