タグ:洋楽 ( 107 ) タグの人気記事

Maroon 5 - Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera

本日、ぎっくり腰は一気に悪化し(涙)、会社を休んでしまいました。
午後に掛かり付け整形外科のおじいちゃんの先生に決死の思い(汗)でたどり着き(普段徒歩8分を25分掛かった、よたついて(汗))注射を打ってもらいました。

月曜に出勤出来るかわかんないけど、レントゲンでは症状は軽いとわかっているし、今さらどうしようもないので、まぁぼちぼち治します。

と、言うことで、時間は出来たが動けないのでやれる事は少ない。従って、居眠りしたり、またはユートベを聴いて過ごしました。

この曲ですが、今年知った曲では一番気に入っている曲です。
2か月前実家に帰った時、偶然MTVで観ただけですが(汗)。

マルーン5の曲では、一番すっと入って来た曲です。
また、クリスティーナ・アギレラが出て来ると分かってなかったので、びっくりしました。
クリスティーナの美声は以前より知ってますが、ここでは素晴らしいアクセントになってますね。



すでにアメリカでもかなりのヒットになっているようです。
集計期間の関係で若干不利になりそう(2012年分と泣き別れそう)ですが、年間20位には入りそうな気がします。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-12-03 01:11 | 洋楽(ライブ・CD)

コールドプレイ、レディオヘッド、グリーンデイ、オアシス

昨日は少人数(MFCオーナーさん、島田さん、akiさん、パンダ69さん)で呑み会でした。

洋楽の話は毎回出ますが、今回そこで感じた意外な事。
90年代以降のロックバンドは、思ったより知られてないと(汗)。

例えば、クィーンだったら、洋楽ファンの殆ど誰もが知ってるし、曲だっていっぱい知ってる。
100%近く知られてると言っても、過言ではない。
けど、彼ら(90年代以降のロックバンド)はチャートの1位にもなり、大規模世界ツアーをやって、日本に来た事があるバンドでも、あんまり知られてないのではと。
知ってる人は知ってるけど、知らない人はまったく知らないのではと。

話題に上がった中で、コールドプレイ、レディオヘッド、グリーンデイ、オアシスの各バンドは、自分ですら知っているのにと、ちょっと意外でした。
※とは言え、自分もたまたまテレビで見た数曲を知ってるだけで、50歩100歩なんだが(汗)。

と言う事で、そんな各バンドの、お気に入りを1曲づつご紹介します。


コールドプレイ「クロックス」
冒頭のピアノが響くと、どきっとする大好きな曲です。


レディオヘッド「ピラミッド・ソング」
夜聞くと落ち込んでしまいそう(汗)ですが、インパクトのある曲、ドラムスが良い。


グリーンデイ「マイノリティ」
彼らの持ち味である明るさが出た曲、ビデオクリップも面白い。


オアシス「シャンペーン・スーパーノヴァ」
彼らの曲としてはそんなに有名ではないですが、なぜかお気に入りです。

さぁ、どれが一番お気に入りましたか?
[PR]
by lindsey3000 | 2011-08-14 23:28 | 洋楽(ライブ・CD)

世界で最も”男くさい”ギタリスト

男くさいって変換しようとしたら、”音国際”ってなりましたが(汗)。

それぞれにお気に入りのアーチストがいると思います。
好きなジャンルも違って、価値観も違うので、人それぞれではありますが。

自分は、このギタリストが好きですし、カッコいいと思います。

Dire Straits - Calling Elvis

このギタリスト、マーク・ノップラーさんです。

ギタリストとして、その前にひとりの男として、すごくカッコいい。
スタイル、雰囲気、しぐさ、声、表情・・・最高だと思います。
見栄えがすると思います。ギターを弾いているところ、ボーカルも含め。
時々、にやって笑うのが良いですね。

自分もこんな感じになりたいのですが・・・無理?(笑)
[PR]
by lindsey3000 | 2011-05-29 23:45 | 洋楽(ライブ・CD)

ダリル・ホール&ジョン・オーツ・ライブ in 武道館

すでに先々週土曜の事で恐縮ですが(汗)、自身3回目になる、ダリル・ホール&ジョン・オーツのライブに、武道館へ行って参りました。

過去2回行きましたので、今回はどうかなって思ってましたが、パンダ69さんのお誘いを受け、観に行った次第であります。

最近ではギターを担当の大好きだったT-ボーン・ウォルクが昨年急死し(号泣)、今回のライブが心配でありましたが、結論から言うと素晴らしいライブでありました。
a0081944_23554039.jpg

彼らのライブを初めて見たのは90年代後半の名古屋でのアコースティック・ライブ。T-ボーンはギターを担当してました。
その次は2003年頃の東京フォーラム。ここでは通常のバンドで、T-ボーンはベースを担当し、恒例の頭の後ろでの演奏も披露してくれました。

そして今回。全盛期のバンドメンバーはすでにサックスのチャーリー・デ・シャントのみ。他は「ダリルズ・ハウス」でのメンバーがメインのように思いました。

事前に情報を得て、90分の(実際には100分だった)引き締まったライブと聴いていたので、集中して聴こうと思いましたが、いざ聴いてみると、曲ごとにCDとは違ったアレンジで工夫され、実に楽しいライブでした。
特に、ダリルの声は1曲目こそまだ準備運動が出来てない感がありましたが、その後は声も良く出ており、実にイイカンジなのでありました。

曲目は以下の通り

Maneater
Family Man
Out Of Touch
Method Of Modern Love
Say It Isn't So
It's A Laugh
Las Vegas Turn Around(ボーカル:ジョン)
She's Gone
Sara Smile
Do What You Want, Be What You Are
I Can't Go For That (No Can Do)

休憩

Rich Girl
You Make My Dreams

休憩

Kiss On My List
Private Eyes
※曲目は、MFCオーナーさんのブログより拝借。ありがとうございます<(_ _)>

特に…リッチ・ガール?の途中だったっけ?メンバーが一斉に蛍光色のついたタンバリンを同じ方向に動かした時は、蛍光色の光の美しさに、感動で息が止まる思いでした。

ユア・イマジネーションも、エブリシング・ユア・ハート・デザイヤーズも、ハウ・ダズ・イット・フィール・トゥ・ビー・バックも、ポゼッション・オブセッションも、ミスト・オポチュニティもやって呉れなかったのは、非常に残念でございましたが(汗)。

ご参考に、ゆーとべより、比較的最近の今回のライブに近い映像を探してきました。
3年程前の、アコースティックです。もちろんT-ボーンも健在時のものです。

ご覧下さい<(_ _)>



さて、比較的早い時間に終わったので、パンダ69さんとどこで腹ごしらえするか探していた所、なんと洋楽パンフを格安(200円)で売る店を発見。

見ると、ホール&オーツの過去のもあるある。これを全面に出せば完売間違いなしなのに、商売下手だなあとか話しながら、自分はこの1984年のを買いました。
a0081944_23561471.jpg

バンドメンバーもちゃんと紹介してるのが嬉しいですよね。

その後は「世界のやまちゃん」を偶然発見し、空腹を癒し、いろんな話をしたのでありました。
a0081944_23563681.jpg

さて、ダリルもジョンもまだ60歳を越えたばかり。

まだ次の来日も期待出来ますね。うん。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-03-10 00:19 | 洋楽(ライブ・CD)

もうすぐ、「ほーらんのーつ」ライブです

すでに何度も書きましたが・・・。

自分は、過去にホール&オーツをデュラン・デュランと混同してました(大汗)。

たまたま、高校の英語の授業で見たビデオクリップ(プライベート・アイズです)にぞっこん。
しかし、曲目もバンド名もわからない。

音だけでそれっぽいのを探して、多分このイギリスのバンドだろうと。
しかし、なんか違う。このバンドには・・・。
黒人のギタリストは、居なかったし(汗)。

その後、これが「ダリル・ホール&ジョン・オーツ」と言うデュオで、前の2人だけがメンバーだった(爆)と知ってから、彼らの後追いが始まりました。確か、1987年ごろです。
※絶対に6人のバンドか、白人のソロと5人のバックバンドかと思ってた(更爆)。

その後追いで見た番組の、ビデオクリップ集の一番最初でやったこの曲が、今でも大好きなまま、心に響いてきます。

ご存知、「ウェイト・フォー・ミー」です。

土曜日は、彼らのライブ、実に3度目となります。
しかし、どうやらこの曲はやらない雰囲気(汗)。

でも、大好きな曲の多い、彼らのライブは今から楽しみです。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-02-25 00:10 | 洋楽(ライブ・CD)

ずっとアップしたかった、スマッシング・パンプキンズの「アヴァ・アドレ」

昨年サマソニを見た時から、この曲をアップしたいと思ってました。
が、ずっと貼り付けが制限されていたのが、本日確認したら解除?されてたので、早速アップします(嬉)。


こういう激しいのが好きなんです(汗)。

以前のメンバーのバージョンも見ましたが、今のバージョンのが好きですね。
初めて見たのがこのメンバーだからかも知れないですが、今のメンバーが一番好きです。
特にベースとドラムスに注目だね。
美人のアラサーベーシストと、まだ20歳そこそこの若き力強いドラマーに!
[PR]
by lindsey3000 | 2011-02-21 21:47 | 洋楽(ライブ・CD)

恵方巻と、ザ・ホワイトストライプス解散

a0081944_004092.jpg
本日は、節分。

今晩のご飯は、巻ずしを丸かぶりするって、朝から決めていました(笑)。

帰宅前、駅を降りてまず、回転寿司屋の前で売っているのを発見。
500円かぁ。とりあえず別の店も見てみよう。
その先の販売専門寿司店は、380円と安いものの、なんともしょぼい作り(汗)。
ここはやめて、いつものスーパーへ。
しかし・・・売れ残りの500円が寂しく1本だけ(更汗)。
それじゃ、さっきの回転寿司屋で買おう。500円は高いけど。

そうしたら、なんと半額サービスの呼び声(嬉)。
250円で、お得な買い物をしちゃいました。

家に帰り、恵方をコンパス(笑)で確認すると・・・。
なんと、普段コタツに座って、食べている方向と同じと判明。
無言で食べるのは・・・普段からひとりぐらしで無言だし(涙)、なんら問題なし。
美味しい夕ご飯でした。

さて、自分がこの恵方巻の習慣を知ったのは、結構古く15年は前でしょうか?
まだコンビニ等が騒ぐ前の頃です。
三重に住んでた頃、帰宅途中の名古屋駅デパ地下で、個人のすし屋が手書きで書いた、説明文が最初でした。
面白い習慣だなって思って、夕飯に食べようと買って、親に渡したら、小さく切ってくれて落胆(笑)したのを覚えてます。
コンビニが大騒ぎする前に知ったからでしょうか、自分はこの習慣が気に入ってます。

さて、同じ日に、こんな寂しいニュースも入って来ました。
「ザ・ホワイトストライプス」の、解散です。

自分は昔、「ベストヒットUSA」にて、この「ザ・ハーデスト・ボタン・トゥ・ボタン」と言う曲を聴いて、シンプルだけど力強く、なんて個性的なんだとすっかり気に入った事を思い出します。

偶然だけど、昨日の夜もこのゆうとべでこの曲を聴きました。
来日したのかも覚えてないけど、ライブ見たかったなって思います。
[PR]
by lindsey3000 | 2011-02-03 23:58 | 洋楽(ライブ・CD)

2010、皆様に感謝<(_ _)>

速いもので、2010年もまもなく終了します。
ブログを見て頂きまして、まことにありがとうございました<(_ _)>

今年は、いろいろ不完全燃焼もあり(汗)、体調も疲れやすく、大阪にも1回しか遊びに行けなかったように、いまいちでありました。
また、ブログに書かなかったイベントも多く、今こうやって振り返ろうとしても思い出せない状況です(大汗)。

来年はもっと行動半径が大きくなるよう、健康面も含めて頑張ります。
また、皆様のブログ等にももっとお邪魔し、コメント等絡んで参りたい、そう思います。

では、皆様の来年のご健康とご活躍を祈念し、乾杯!
a0081944_2334944.jpg
おいしそうでしょ?

では、今年もカキコして頂いた方の、お名前を列挙し、感謝申し上げたいと思います。

ポール森屋さん、にゅーめんさん、Mikanさん、kikukoさん、Miiさん、島田@浜っ子さん、おみつさん、いまちさん、akiさん、ルールーさん、MFCオーナーさん、忍者さん、tom nyajyaさん、孫悟Qさん、パンダ69さん、マーセラさん、nagareboshi★さん、ニセリッチーさん、スズキコータさん、ヴァンクさん、ぼくのおとうさんさん、kyomuさん、ペルシャ猫さん、まりさん、もちさん、わかこさん、さとちさん、イノリカさん、coco juriさん、chi~さん、kaorukoさん。

ありがとうございました<(_ _)>

さあ、紅白もあと少しです(笑)。
年越しそばも、作らなきゃ(嬉)。
[PR]
by lindsey3000 | 2010-12-31 23:05 | 日常生活

知ってる?ミック・フリートウッド・ブルース・バンド・フューチャーリング・リック・ヴィトー

皆さんご存知?の、フリートウッド・マック。

昨年もワールド・ツアーをするなど、現役バンドとして活躍してますが、そのバンドのドラマー、ミック・フリートウッドは、こんな活動もしております。

それは、かつて行っていた、ブルースバンドとしての活動です。
a0081944_0272822.jpg
実は、もっと早くこのブログでご紹介しようと思っていたのですが、ずるずると時は過ぎ、こんなに遅くなってしまいました。

なにせ、バンドとして出したアルバムが、グラミー(2010年)のブルース部門でノミネートされたのですが…。
もう、その次の年のグラミー(2011年)候補が伝わって来て居ります(汗)。

ミック・フリートウッドがこのバンドを始めたのは、多分こんないきさつかなと想像するのですが。
マックのバンドは続いて居るものの、リンジー、スティーヴィーのソロも入れると5年に1回程度の活動では不満。
自らの演奏の機会を得る為に始めたのが、「ミック・フリートウッズ・アイランド・ルーマーズ・バンド」と言う、ハワイアン+マックの曲を演奏するバンドでした。
このバンドを教えてくれたのは、確かヴァンクさんだったと思います。

このバンドで競演したのが、かつてのマックの仲間、リック・ヴィトーです。で、ここから発展させ、かつてやってたブルースをやろうという事で、このバンドが出来たと思われます。
a0081944_0281093.jpg
と、講釈?はここまでとして、その音がどんなだか聴きたくなったでしょ?

上記のアルバムの全曲が、ただで聴けるサイトがあるんですよ。
なんと彼らの公式サイトです。
全曲ですよ。すごいでしょ?
アルバム、売る気ないんでしょうか?(爆汗)。

ミック・フリートウッド・ブルース・バンド・フューチャーリング・リック・ヴィトー

上記リンクをクリックすれば、曲は勝手に始まります(汗)。
どうですか?楽しい曲が多いですよね?
次の曲次の曲と勝手に進むので(笑)、BGMとしても良いと思います。
[PR]
by lindsey3000 | 2010-12-06 00:54 | フリートウッド・マック

懐かしのNHKFM「サウンド・オブ・ポップス」を聴きながら

「皆様、如何お過ごしでしょうか?これからの45分間は、サウンド・オブ・ポップスでお楽しみ下さい。」

この決まり台詞で始まる、懐かしのサウンド・オブ・ポップス。
お風呂上りの今、これを聴いてリラックスしてます。

ずーっと昔の、この番組を、なぜ今聴けるのか?
それは、録音したカセットを、今だ持っているからです。
a0081944_2334812.jpg
はい、読めるでしょうか?
漢字すらまともに書けない(汗)、中学生だったりんぢが録音したものです。
この時は、スターウォーズ帝国の逆襲のサントラ。生まれて初めて友達同士で、「四日市中映」に観に行った、思い出の映画です。
その時の友達とは、今も付合いがあるんですよ。

冒頭に紹介があって、あとはひたすら音楽が掛かるこの番組。
ちょっと、その紹介をメモって見ました。

「ニュー・サウンドトラック特集、第8回の今晩は、スターウォーズの続編、帝国の逆襲から、ロンドン交響楽団の演奏によるサウンドトラックをお送りします。

アメリカングラフティの名コンビ、脚本・監督のジョージ・ルーカスと、プロデューサーのゲイリー・カーツ。この2人の手掛けたスターウォーズの第2弾は、同じくジョン・ウィリアムズがその音楽を担当し、ロンドン交響楽団の重厚な音楽を駆使しております。ジョン・ウィリアムズがこれまで手掛けた音楽を、ちなみにあげて見ますと、ポセイドン・アドベンチャー、タワーリング・インフェルノ、ジョーズ、スーパーマン、1941などなど、実に多くの話題作があります。

では、宇宙空間に夢を馳せた、SF映画のスターウォーズシリーズの第2弾、帝国の逆襲から、ジョン・ウィリアムズの指揮による、ロンドン交響楽団の演奏をお届けします。まず、「帝国の逆襲」、「ヨーダのテーマ」、「ダースベイダーのマーチ」、「ハン・ソロと王女」、「ベンの死と戦闘機の攻撃」。6曲目は、この曲だけがロンドン交響楽団の演奏ではなく、9人編成のジャズ・プレイヤーを中心とした演奏となっております。「酒場のバンド」。次に、「小惑星の原野」、「決闘」、「悪魔の木」、そして「フィナーレ」です。」


このアナウンスのあとは、ひたすら番組終了まで音楽だけ。
こんな音楽たっぷりの番組あれば、今でも聴きたいよね。
[PR]
by lindsey3000 | 2010-12-01 23:59 | 洋楽(ライブ・CD)