タグ:Wリーグ ( 14 ) タグの人気記事

大神雄子選手

a0081944_0242848.jpg
女子バスケのオープン戦と言うべき、”サマーキャンプ”に、行って来ました。

今年は、三重県伊勢市で開催。
なんでそんな田舎まで(汗)って思う方が居るかもしれませんが、三重は自分の実家がある県。
帰省のついでに、2試合半だけ、見たって感じです。

期待していた選手が怪我をしていたり、なーんかパッとしない動きだったり、がっかりする場面もあったのですが、嬉しい驚きもありました。

一番驚いたのが、シャンソン化粧品、林田 明佳(はやしだ あすか)選手です。
シュートをポンポン決め、無駄な動きがありません。積極的で、シューターとしても十分なのではと、頼もしく感じました。
積極性で言えば、JOMOの木林選手も良かったですね。

さて、試合はまだ続いている中、バスの時間もあり帰ろうとした所、選手らしき人が、ファンの方の記念撮影に次々と応じておりました。
短髪に低い声。気軽にファンの人達に声を掛けるさまを見て、「あれえ、女子の試合なのに、なんで男子の選手がいるんだろう?」

しかし、近づいてよく見ると、JOMOの大神雄子選手でした(爆)。
ホントにわかんなかったんですよ(劇汗)。
しかし…緊張してる子供たちに、もっとそばにおいでと声を掛けたり、写真を撮っている保護者にも気軽に声を掛ける姿は、大神選手らしいなあって、感じました。

そんな大神選手の、なんと特集番組が、NHKで昨日(BS)・今日(地上波)とあったのです。

NHKスポーツ大陸
夢かなうまで戦う~バスケットボール 大神雄子~


内容は、WNBAに挑戦した様子などだと思います。
なんと、番組に気がついたのが、終了10分前なのですから(涙)。
なんで、いきなり放映するんだよう(涙)。
そういえば、五十嵐選手の時も当日気がついたんだった。田伏選手のときは、諦めた(汗)。

NHKは、良い番組を沢山作るけど、宣伝がたりないよ、洋楽もスポーツも(号泣)。
そう、思っていたら、なんとBSですが再放送がありそうです。

BS1 7月26日(日)16:10-16:55

やったー。助かりますた。
タイマー録画も準備したし、これで当日忘れてもOK(汗)。
興味のある方は、ぜひご覧ください。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-07-21 00:47 | Wリーグ(WJBL)

バスケ、各チーム2009年度・新体制

a0081944_231922.jpg
スポーツ選手は、いずれ必ず引退します(涙)。

個人競技なら別ですが、チーム競技は、リーグが終わった年度の切替時に、引退や移籍が発表されることが多いです。
自分は、秋にプロ野球選手、そして春にバスケットボール選手の引退・移籍情報がとても気になります。
やっぱ、好きな選手のプレイは、ずっと見たいものですから(願)。

バスケットボールの場合、多くはプロ契約でなく社員契約なので、4月の新年度から新しいメンバーを入れ、活動するケースが多いと思います。
発表する、しないはともかく、もう殆どのメンバーは固まっているように思います。

その引退情報と移籍情報について、雑誌、ネットで得た情報を、ちょっと纏めてみましたので、ご覧下さい。
なお、自分が見るのはJBLの日本リーグ、WJBLのWリーグとWIリーグのみですので、BJリーグ(まだ終わってないが)などはスルーします(汗)。ご了承下さい<(_ _)>

JBL(日本リーグ)

<引退選手>

(東芝)節政選手、(日立)小野選手

<移籍選手>

(トヨタ⇒北海道)井上選手

<移籍リスト掲載>

(北海道)朝山選手、伊藤選手、ニュートン選手、ルイス選手
(栃木)長谷川選手、高岡選手、高久選手、荒井選手、オアー選手、クライブ選手
(日立)竹内譲次選手、五十嵐選手、ライス選手、スミス選手
(トヨタ)佐久本選手、石田選手、半田選手、キャンベル選手、オバノン選手
(東芝)コーネル選手
(アイシン)瀬戸山選手、ヤング選手、セルビー選手
(三菱)小淵選手、川辺選手、板倉選手、新井選手、トーマス選手、パラダ選手

WJBL(Wリーグ、WIリーグ)

<引退選手>

(トヨタ)三浦選手、榊原選手、青木選手、伊東選手
(富士通)船引かおり選手、田中優里選手
(デンソー)市川選手、杉山選手、山岡選手
(日本航空)柳沼選手、長谷川選手、中村選手
(三菱)近藤選手、松尾選手、上本選手
(トヨタ紡織)花田選手、柿原選手、小山田選手、人見選手、山本選手
(エバラ)石川選手、佐藤選手、岡崎選手、河本選手、和田選手

<移籍選手>

(富士通⇒トヨタ)矢野良子選手、(JOMO⇒日本航空)長南選手

<退団選手>※引退か、移籍か不明??
(JOMO)立川選手
(シャンソン)藤生選手、日下部選手

※アイシンAW、日立ハイテク、山梨、東京が未発表。

-----------------------------------------
男子は節政選手の引退は残念です。そして五十嵐選手、竹内譲次選手などの大物の移籍先が気になります。せっかく強くなった日立なのになぜ?そして、最下位だった三菱はさらに弱くなってしまいそうで(汗)。
瀬戸山選手なんかは、今のままでは試合に出れないし移籍すべきでしょう。外国人は殆どが移籍リスト入り(汗)。パナソニックは唯一退団選手がなさそうで、カスタス選手、ハニーカット選手のコンビもまた見れそうでこれは嬉しいです。佐古選手、折茂選手、古田選手等のベテラン健在も嬉しい限り。

女子は矢野良子選手の移籍は驚きました。榊原選手の引退はやむをえないか?それだけに、相澤選手の現役続行は、ファンとしてすごく嬉しい出来事でした。
女子は、ここには書きませんが新人選手も多いです。沢山入れて、沢山引退するのが女子の傾向で、ある意味厳しいです。そのためレギュラーでバリバリの選手が、年齢も若いのに引退するケース(トヨタの三浦選手、三菱の松尾選手など)が多く、残念に思います。その一方で結婚を機に引退する選手も居ますが、そういう話はあまり表に出ない気がします。
また、エバラからトライアウト出身の3選手が引退し、トライアウト出身の現役選手は東京の宮里選手のみになってしまいました(東京はまだ未発表ですが)。
[PR]
by lindsey3000 | 2009-05-08 23:55 | Wリーグ(WJBL)

Wリーグ、ファイナル開幕!

a0081944_23581861.jpg
長いバスケットのリーグも、いよいよ終盤。

男子より一足早く、女子は決勝です。

組み合わせは、JOMO-シャンソン化粧品。
一昔前の、黄金カードですね。

先日のセミファイナルの、トヨタ自動車-シャンソン化粧品戦、チームディフェンスとそれを破る攻防を、実際の会場で見て、このファイナルも楽しみにしていました。

第1戦は66-73で、JOMOの勝利。

JOMO吉田選手の、リバウンドへの飛び込みが素晴らしかったです。
NHKBS解説者の萩原さんが、何度「よしだ~!」って唸った事でしょうか(笑)。
先輩たちを唸らせるセンスと気合、参考にしたいです(出来るつもりで居るのか?・・・大汗)。

この土日も午後1時よりNHKBSで中継あり。ぜひ見ましょう(^.^)
[PR]
by lindsey3000 | 2009-03-06 00:12 | Wリーグ(WJBL)

Wリーグ:アイシンAW - 日本航空戦(成田市体育館)

a0081944_18135362.jpg
今年もバスケットのシーズンが始まりました。
自分にとっては、プロ野球とバスケットボールと、半年づつ楽しんでいるパターンになります(一部期間が重複してますが)

今シーズンの初観戦は、当初3日の男子パナソニック-東芝戦、あるいはそれが無理だった場合、女子JOMO-富士通戦を見ようと思っていたのですが、仕事でどっちも行けなかったので(汗)、成田の試合になりました。

成田市体育館でのバスケ観戦は、3回目です。
最初は、デンソー-日本航空戦。怪我で休んでいた日本航空薮内選手がこの試合から復帰し、デンソーが見事に負けた(涙)試合でした。

2回目はおととし、富士通-日本航空戦。
大荒れに荒れた試合で(アンスポやら、取り消された3Pが復活したりとか)、結局大差で富士通が勝ちました。
この年から成田に住んで、歩いて10分で行ける会場はホント便利と感動しました(笑)。

そして今年、アイシンAW-日本航空戦。
ここまでで分かるとおり、日本航空のホームゲームなのです。
13:30が試合開始なので、13:05に家を出る(笑)。
a0081944_18141811.jpg
会場は大盛況でした。確かに7月にサマーキャンプで試合を見ましたが、こういう満員の、大歓声のなかでの試合は、わくわくするものがあります。
第1Q開始早々、日本航空矢代選手のシュートが成功するあたりで、全身がぞくぞくとしました。
「これこそが、ライブ感だ!」来てよかったぁ。
※単に風邪の前兆かもしれませんが(爆)。

結果は、アイシンAW85-71日本航空で、アイシンAWの圧勝って感じだった。
前日、日本航空が圧勝したから、どうなるかと思ったが、この差は予想外だった。

評論家風に(自分は出来ないが口は達者と言う感じで…汗)言えば、こんな感じだろうか?

・アイシンAWは、コートを広く使ってた。コートの反対にボールを振ったり、パスを繋げたり、サイドもよく使ってた。
日本航空は、8クロスの戦法なのかわかんないが、台形の中でバウンドパスを試み、そして取られる場面が多かった。つまり、中にかたまってしまったと。

・シュート力は、アイシンAWが上に感じた(特にミドル)。

日本航空は、永石選手の3Pは魅力だが、辞めた選手の穴埋めは出来ていない感じだった。
アイシンAWも、出ていない選手が多くなんとも言えないが、少なくとも180㎝以上のトリプルタワーに落ち着いてボール運びをされると、どうしようもない感じだった。

a0081944_18144147.jpg
さて、時は流れ、現役選手は一回り~二回り(涙)下の選手が中心になった今、何が楽しみかと言えば、”面白い選手”を見つけることである。
ここでの”面白い”とは、勿論わははははではなく、個性的で、興味深く見ていて小気味良い選手の事である。

写真は、アイシンAWの高橋選手。今日の登場時間は5分とわずかだったが、結構気の強そうな感じ(笑)で、フリースローをポンポンとリズム良く入れる姿を見ても、頼もしさを感じる。直感で気に入った(笑)。
日本航空では、ほぼ同じ理由で井上選手が面白いと思った。

バスケットボールが面白いと再認識出来た1日だった。
あとは…自分の腰痛完治と減量(涙)を実現し、プレイを再開出来るようになるだけだ。

頑張り松<(_ _)>

あと、蛇足と思われるが、順位予想などしてみる。

男子日本リーグ:

1位:パナソニックトライアンズ(24勝13敗)
2位:東芝ブレイブサンダース(23勝12敗)
3位:アイシンシーホース(22勝13敗)
4位:トヨタ自動車アルバルク(21勝14敗)
5位:三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(19勝16敗)
6位:日立サンロッカーズ(14勝21敗)
7位:レラカムイ北海道(10勝25敗)
8位:リンク栃木ブレックス(5勝30敗)ご、ごめん...

女子Wリーグ(WIリーグは後日)

1位:JOMOサンフラワーズ(20勝8敗)
2位:トヨタ自動車アンテロープス(19勝9敗)
3位:富士通レッドウェーブ(18勝10敗)
4位:アイシン・エイ・ダブリュウイングス(17勝11敗)
5位:シャンソン化粧品シャンソンVマジック(14勝14敗)
6位:デンソーアイリス(13勝15敗)
7位:日本航空JALラビッツ(9勝19敗)
8位:日立ハイテククーガース(4勝24敗)

あくまで思いつきの企画ですので(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2008-10-05 18:50 | Wリーグ(WJBL)

バスケットボールのシーズン開幕

a0081944_21283569.jpg
これは、JR成田駅の通路にある掲示板に、もう随分前から張り出されているポスターです。

第10回、WJBL Wリーグ開幕

開幕戦は、10月3日(金)19:00開始、代々木第2体育館の、富士通-JOMO戦

そしてこのポスターは、自分のアパートから徒歩10分(笑)にある成田市体育館で開催の、10月5日(日)13:30開始、日本航空-アイシンAW戦です。

いよいよ、バスケのシーズン開幕です(大学生とかは、もうやってるみたいだけど…汗)。
男子日本リーグも、9月26日(金)、各所で開幕です。
※弊ブログは、bjリーグはスルー(汗)してます。すみません…。

本来なら、わくわくして開幕を待つところですが、個人的に仕事に追われ、プレッシャーにつぶされそうな状況です(涙)。

来週の今頃は、仕事も山場を超え、我輩も一命をとりとめていると思われますので(汗)、またブログアップも再開出来るかと思います。

※今、再開と変換しようとしたら、「最下位」と出た(汗)。
また、あのチームが、今年も…。やな予感だ(爆)。
[PR]
by lindsey3000 | 2008-09-23 21:42 | Wリーグ(WJBL)

バスケ女子 WJBL開幕

a0081944_2181884.jpg
いよいよ第9回Wリーグが開幕。

本日はWリーグ、シャンソン化粧品-日本航空戦が、代々木第2体育館で、開幕戦としてありました。

最近、シャンソン化粧品の相澤優子選手(以下、姉さん)のブログを毎日見てまして…。
そのうち、プレイも見たくなってしまいました。
結果、1年半ぶりのシャンソン戦観戦です(日本航空は昨年見ました)。

シャンソン85-81日本航空

4Qで同点になる場面がありましたが、全般的に流れはシャンソンでした。
両チームとも随所に見事なプレイが続きました。
見れた人はラッキーと感じる、好ゲームでした。

姉さんが出てるときは、試合を追わず姉さんだけを見てました(ひとりの選手がどう動くのかの勉強)。
それ以外は、シャンソンの戦い方(どうやってボールをインサイドに入れるかの勉強)など見てました。

日本航空の山田選手や、三井選手などは、見たかったのですがその余裕がなかったです。

さて、今期も予想をしたいと思います。

Wリーグ

☆順位(リーグ戦のみ)☆

1.富士通(20-8) 2.JOMO(19-9) 3.シャンソン化粧品(17-11) 4.日本航空(15-13) 5.トヨタ自動車(14-14) 6.デンソー(13-15) 7.アイシンAW(11-17) 8.日立ハイテク(3-25)

☆先発予想(開幕戦)☆

富士通(三谷 船引ま 矢野優 船引か 矢野良)
JOMO(大神 田中 長南 吉田 山田)
シャンソン化粧品(藤生 相澤 石川 池住 渡辺)
日本航空(山田 岩村 柳本 矢代 三井)
トヨタ自動車(三浦 櫻田 榊原 池田 角井)
デンソー(市川 杉山 山岡 小畑 山本)
アイシンAW(鈴木 濱口 慶山 島田 武藤)
日立ハイテク(野田 渡辺由 田中 本間 磯山)

WIリーグ

☆順位☆

1.エバラ(12-4) 2.三菱電機(11-5) 3.甲府(7-7) 4.東京(6-8) 5トヨタ紡織(2-14)

☆先発予想(開幕戦)☆

エバラ(石川 成田 堀江 櫻木 高木)
三菱電機(丸山 宮元 橋本 松尾 黒木)
甲府(松木 山田 松角 浅石 佐藤)
東京(小林優 小林久 戸坂 森光 半澤)
トヨタ紡織(花田 木村 梅本 山本 谷川)

すでに一部外れております(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-10-06 02:18 | Wリーグ(WJBL)

Wリーグ(女子バスケ)登録メンバー発表

a0081944_11484249.jpg
これは、2シーズン前に撮影した大型バナーですが…。
永田さんと三木さん。もうプレイが見れないと思うと寂しいです(しゅん)。

確か昨年から?かと思いますが、今期も「Wリーグ公式ページ」で、登録メンバーが発表されました。
ちなみに男子「JBL?の日本リーグ?」は、まだのようです。

やはり気になるのは、「登録から外れた」選手。
すでに報道された選手も居ますが、バスケファンとしては、その選手のプレイが見れない点で、さみしく思います。

とりあえず、個人的に好きだった選手を何人か・・・。

○川畑宏美選手(JOMOサンフラワーズ)
合わせのプレイがとても上手かったのを覚えております。地味な役目だけど。
濱口選手の影に隠れてましたが、もっともっと評価して良い選手ですよね。
居るのが当たり前って言うか、空気のような存在(汗)でしたが、いなくなくなるのね(涙)。

○今美春選手(富士通レッドウェーブ)
この選手が、走りながら後ろ向きにアシストをした時はぶっ飛びましたよ(笑)。
史上最強のベンチメンバーでしたが、日本代表という表舞台に立って欲しかった。
これからは国体出場が目標らしいので、多分まだプレイは見れるはず。

○永田睦子選手&三木聖美選手(シャンソン化粧品シャンソンVマジック)
すでに以前記事にしましたので、重複は避けますが、一言。
やはり、リストに名前が無いのを見ると、引退を実感しますね。
永田睦子管理人によるページ「★シャンソンVマジッ娘★」。まだ消えてない(汗)から、消える前に閲覧を!
※5月末に閉鎖と書いたことを本人忘れてるかも(汗)。
三木選手の笑顔のオフショットも見納めかもだし。

○青山景子選手(三菱電機コアラーズ)
この選手も若くして引退です。しかも2シーズンのみ。
荏原を応援しているので、あくまで敵(汗)でしたが。
クールに、淡々と無表情(汗)で役割をこなしていたのを覚えています。
絶対レギュラーになると思ったのに、どっこも怪我とかしてなさそうなのに(涙)。

○柘植由美子選手&北川智奈美選手(甲府クィーンビーズ)
今回判った最大のサプライズです(号泣)。
北川選手は…出場時間の少なさからもしやの予感はありました。
アイシンAWで金監督より使われなかった原因、スピードの無さについては、試合を見る限り確かに遅い(劇汗)って感じでしたが、ひょうひょうとした感じで、一度もターンオーバーを見ませんでしたし、ガードとして試合を組み立てる上では上手さを感じました。自分でも得点を取るほうでしたし。
古傷がどうしようもないとしか、理由は浮かびません。

柘植選手は、これこそサプライズです。
レギュラーとして、点取り屋として活躍。そして年齢的にも一番力を発揮すると思うのですが。
強いて言えば、昨シーズン意外に出場時間が少なかったのが思い出されます。
なんだろなーと思ってたけど。彼女こそ甲府の顔だったのに。

理由はそれぞれでしょうが、まずは皆様お疲れ様です<(_ _)>
それから、今年も移籍&復帰の方もおります。

○移籍
井上望選手(日本航空⇒アイシンAW)
本間京子選手(JOMO⇒日立ハイテク)※名前だけの判断ですがセンターだしそうですよね?
山西麻依選手(デンソー⇒ビックブルー東京)

あと選手ではないですが…。
チョン・ジュヒョン技術顧問(シャンソン化粧品⇒三菱電機)

○復帰
名木洋子選手(元日立戸塚・シャンソン化粧品⇒富士通)
江口真紀選手(元三洋電機・日立戸塚・シャンソン化粧品・三菱電機⇒三菱電機)

あと選手ではないですが…。
小関真美(元選手)アシスタントマネジャー(荏原⇒荏原)

自分が見た限りではこのくらい?

7月20日より24日のサマーキャンプ(愛知県豊田市 スカイホール豊田)がお披露目です。
もうすぐです。新チームを楽しみにしましょう。
それまで怪我のないように(願)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-06-02 11:48 | Wリーグ(WJBL)

矢野良子さんがテレビに、そして夢の中に(汗)…

a0081944_21375218.jpg
写真は、自分が使ってるバッシュです。
特に意味はありません(汗)。

BSフジで放映中の「アスリートの食卓」。
隔週の5分と短いながら、今まであまり登場しなかった、スポーツ選手の”食”に関する番組として、食べ物ブロガー(謎)としては興味深い番組である。
必見ですよ(笑)。

BSフジなんて、契約しとらんから見れへんって、思っとるでしょ?
ところが、「番組オフィシャルサイト」で、見れるんですよ(笑)。
本日は女子バスケットボール、富士通レッドウェーブ所属の、矢野良子さんの回を見てみた。

ご自身のブログでは、「あんまり食べませんよ!?」的なコメントがあり、ホントにそうかなと疑問を抱いていたが、移籍した富士通の食事の貧弱さに異をとなえ、チームのために食事改善を行った行動力に、さすがと感じました。

大体、1日3500~4000カロリーに設定されている食事の、この日のメニューは以下の通りでした。
ごはん、黒むつ西京焼き、カレーコロッケ生野菜添え、切干大根煮付け、ホワイトシチュー、卵焼き、ほうれん草お浸し、シーザーサラダ、コンソメスープ、フルーツ。

種類は多いが、肉が少なく野菜が多く、非常に美味しそうです。
ビデオを見ましたが、「このくらいは自分でも食べれそうかな(2000カロリーも必要ない活動量なのだが…汗)」。

で、随分前に放映されたこの番組を、なぜ今見たかと言えば・・・。
昨晩、矢野良子さんが、夢に出てきたからです(劇汗)。
※ご本人さん、多分見てないと思いますが、ごめんなさい(汗)。

その、ストーリーはと言うと・・・。
-----------------------------
我輩が地下街を歩いていると、矢野良子さんと偶然会い、立ち話をする。
※どうやら、夢の中では知り合いらしい。
そこで、本日バスケのイベントがあり、自分はそこである選手と待ち合わせるので、良かったら行く?と聞かれ、同行する事にした。

そこは、歩いて10分ほどの同じ地下街の中。なぜか体育館があり、女子日本代表の選手が4つに別れ、子供たちと組んでどんだけシュートが入るかのイベントをやっていた。
しばらくは見ていたが、矢野さんが「ねぇ、選手と写真撮りたいんでしょ?ちょっと言って来てあげるね。」と掛け合ってもらい、休憩時間に体育館の外へ出てきてもらえることになった。

しかし、こういう時に限って、デジカメが調子悪い。
焦りながら何枚か撮ったが、写っていなかった(汗)。
しかたないんで、選手と話をすることにした。
ただ、夢の中で話したのを覚えているのは、JOMO吉田亜沙美さんただ1人。
話したといっても、彼女は「はい。」と「頑張ります。」しか、答えなかった気がしたが(汗)。
※実際のインタビュー記事で、彼女は大人しい性格と書かれていたので、そういう先入観が自分にあったのかも。

その後、矢野さんにお礼を言おうと思ったが、もうどこにも居ない(自分の夢ではこういうパターンが多い)。
帰る時間も迫り、仕方なくその場を離れ、飛行機に乗った(徒歩10分でここに着いたはずだが・・・。)
その飛行機は豪華ソファーになっていて、シートベルトもなく、目の前の大テーブルには豪華西洋料理が並んでいて、我々3人(なぜか相棒2名発生?)は喜んで、カナッペとかもりもり食べたのだが、後数分で着陸と言われ、後ろ髪を引かれながら、三重四日市空港(そんなのはないのだが)に着陸した。
同僚の2人が「この金額であの料理だと、あのバスケのイベントのスポンサーが頑張ってお金だしてるね、さすがじゃん」とか話していたとこで、目が覚める・・・。
-----------------------------
まあ、書いてみればあまりたいしたことのない夢(汗)だが、ここで終わっては意味無いので、ちと分析してみた。

まず矢野さんは、確かに見た目は矢野さんなんだが、これは実際の知り合いの女性が矢野さんの姿をして出てきたのだと思った。
なぜかと言うと、言動などが似ていたからだ。こういうパターンもあるのかも。

それと、吉田さんの登場だが、これは前夜、日本代表のページを見たり、雑誌「フリーバス」の吉田さんのインタビューを読んでいたからであろう。単純に。
今度の水曜に日本代表の壮行試合があるが、それに出場する彼女のプレイを見るためだけに、試合に行くかも知れない程関心があるので、こうやって夢に出たのかもと思う。

そして、なによりの不思議。
最近、食べる夢ばっか続く事(汗)。
以前は、夢の中で食べたくとも、なんらかの理由で食べるに至らなかった。
最近は、むしゃむしゃ食べる食べる食べ放題(笑)。
それと、目覚めた瞬間、どんだけ鮮明に覚えていた夢もさぁーっと忘れてしまうのだが、今日に限っていつまでも覚えていた事。

夢とは、人が寝ている間に、天の高いところに意識が赴き、そこで実際に起こっている事であると、ある方が解説したのを読んだ事がある。
つまり、誰かと会う夢を見た場合、その人も同じ夢を見ている場合があるというのだ(そうでない場合もあるらしいが)。

矢野良子さんと吉田亜沙美さんが、りんぢと会う夢を見ていたというのか!?

ありえん(劇汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-05-20 21:38 | Wリーグ(WJBL)

永田睦子選手の引退

a0081944_23392693.jpg
写真は、千葉県津田沼にある某スポーツショップです。

お?なぜか刈谷にある某チーム(笑)のユニがありますね。
そのチームの話題のために撮影して来ましたが、なんとその下にあるチームの記事を書くはめになってしまいました。

シャンソン化粧品、永田睦子選手の引退です(号泣)。
※参照記事「静岡新聞

いつかは来ると思っていました。しかし、それは北京五輪後と、思い込んでいたのですが…。
先日の日本代表辞退から、やばいと言う予感が当たってしまいました。

永田選手は、例えて言えば、野球界における、ヤンキースの松井選手と同等の存在感だと、ずっと思っていました。
雰囲気的に似てる気もします(汗)が、その責任感、プレイに対する集中力、そして第一人者でありながら気さくな人柄、気持ちの大きな人だと思います。

サマーキャンプなどでのクリニックでは、色んな選手が中学生など教えているのですが、永田選手の周りだけが笑いが絶えません。
話や、教え方が上手いのだと思います。
時には、他の選手などと一緒にいる所を観客席でも見ましたが、挨拶をしに来た後輩に、ばかデカイ声(笑)で言葉を掛ける様子などは、「姉御」と言うべき頼もしさを感じました(笑)。

ゴール下の強かった永田選手。
では、なぜ彼女だけが強かったのか?

リバウンドを、良く飛び込んで取った永田選手。
では、なぜ彼女だけがこうもリバウンドを取れるのか?

いつもベストなポジション取りをした、永田選手。
いつも歩いてるイメージしかない(汗)のに、なぜ彼女だけベストなポジションにいるのか?

あとは、録画した過去のビデオで見るだけです。

さて、ひがしやまさんのブログで、そんな永田選手の意外な一面が分かりました。
なんと、「ここ」の管理人をしていたのです(笑)。
以前から選手が管理人とは知ってましたが、意外すぎます(笑)。

5月一杯はまだ見れますので、ぜひ昔のコンテンツなど見に行って下さいね。
結構笑える内容もあります。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-04-23 00:07 | Wリーグ(WJBL)

第8回Wリーグ プレーオフ&入替戦

a0081944_18492117.jpg
写真は、本文とは関係ありませんが。
古着屋…「OLD着屋」って、言うんですね(笑)。
こういう写真撮るの大好きです(爆)。

Wリーグ、半年の戦いがついに終わりました。
最後にまとめをアップします。

<女子>
Wリーグプレーオフ・セミファイナル
2月24日 富士通 66-56 トヨタ      JOMO 82-76 シャンソン
2月25日 シャンソン 51-67 JOMO   トヨタ 53-65 富士通
※この結果、富士通とJOMOがファイナルに進出

トヨタ自動車は、レギュラーの榊原選手・三浦選手の欠場がすべてでした。
得点力で、かなりの差となり、富士通の終始リードで2連勝となりました。
JOMOは…逆に2試合共逆転勝利。大神選手+山田選手の本来の動きで、インサイドを支配しました。逆にシャンソンのアウトサイドが不発でしたね。

最後となる、シャンソン相澤選手の晴れ姿を見たかったのだが(涙)。

ファイナル
3月8日 富士通 84-75 JOMO
3月10日 JOMO 59-83 富士通
3月11日 富士通 68-76 JOMO
3月13日 JOMO 68-65 富士通
3月14日 富士通 57-59 JOMO
※この結果、JOMOがプレーオフ優勝

富士通矢野良子選手の”手の付けられない活躍(笑)”、そして圧倒的な3P成功率で、第2戦を終わったときはもうJOMOの勝つ可能性はゼロかと思いました。
それが…JOMO3連勝で、逆転の優勝はびっくり・素晴らしいの一言でした。

3戦以降の矢野良子選手の5ファール退場は2試合もあり、象徴的です。
富士通の良さが顔を潜め、インサイド中心のJOMO本来の実力が出るにつれ、富士通選手の、意識しないレベルの”あせり”が出たのかも知れません。
実力的には49%と51%みたく、ほんの少しの差でしょうが、結果は明白です(涙)。

今回は、NHKのニュースでも結構ビデオを使って放映があり、見ることが出来ました。
試合の模様は実家で録画されてますので、今度帰省時に楽しみに見て来ます。

入替戦(Wリーグ8位-WIリーグ1位)
2月26日 日立ハイテク 60-54 三菱電機
2月27日 三菱電機 58-66 日立ハイテク
※この結果、日立ハイテクのWリーグ残留が決定

さて、一方入替戦。
すっかり三菱電機が勝つものだと思ってましたが、いずれもハイテクの逆転勝利でした。
ハイテクの勝因は…選手層の厚さ、リバウンド力、そしてエース磯山選手、新戦力野田選手の活躍でしょうか?

三菱は、丸山選手の不調と言うのは酷な気がします。
やはり、選手層の薄さ。横山選手が居れば、って気がします。

これにて、今年度の女子リーグは、これで終わり(日韓チャンピョンシップがありますが)。
今度は男子のファイナル。三菱電機かトヨタ自動車か、楽しみですね。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-03-17 18:51 | Wリーグ(WJBL)