タグ:You Tube ( 54 ) タグの人気記事

You Tubeで見る、「If You Were My Love - Celia」THE FRITZ

a0081944_0451040.jpg


If You Were My Love - Celia」THE FRITZ RABYNE MEMORIAL BAND

最近のゆーとべは、アップされたと思えば、すぐ削除されてしまいます(涙)。
なので、消えないうちにご紹介します。

このブログに来ている方にとっては今更ですが、自分はフリートウッド・マックが好きです。
そのメンバー、リンジーとスティーヴィーは、マック加入前の1972-74までデュオを組んでましたが、その前がこのバンド「フリッツ」です。

もっとも、スティーヴィーがフリッツに参加したのは1967年で、途中参加のようです。
この曲は、なにげに(笑)ゆーとべで見つけたものですが、「If…」はピアノ、「Celia」はアコースティックギターのみの伴奏で、しかしこれが却って良い感じになっております。

こういう、バンドでない曲でも、シングルで勝負出来そうに思うのですが、自分は(笑)。
個人的に、すごく気に入り、ほぼ毎日聴いてます(馬鹿?)。
ちなみに、このころのリンジーはベースなので、この2曲には参加してないかもです。
「If…」は、のちのマックの、『ミラージュ』のブートであるアウトテイクスに同名曲があります。
同じ曲のことなんでしょうか?

ネットで探すと、この頃のフリッツについて書かれたページも多そうなので、これからも研究(謎)に励み、成果をこのブログで発表…出来れば良いのだが(汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-02-27 00:45 | この曲を見るんだ

You Tubeで見る、「ライディーン」イエロー・マジック・オーケストラ

a0081944_231141100.jpg
イエロー・マジック・オーケストラが、復活したそうです(嬉)。

知ったのはほんの数日前。某所で、.kota君より。
びっくりしますたよ(嬉)。

これは、キリンラガービールの宣伝(CM)にイエロー・マジック・オーケストラが出演し、新録(!)された「ライディーン」が使われた事によるものです。
このページ」で、そのCM、そしてメイキングが見れるようです。

このCMの為だけ、と言われてますが、ツアー、そして新作アルバムと、拡大して欲しいものです。

ところで、今回紹介するのは…。
ライディーン・スタジオ・ライブ
↑このリンクをクリックして、ぜひご覧下さい。

NHK-BSで、2001年頃放送されたものですが、詳細は知りません(汗)。
でも、昔の音と違って、オルガンのようなライディーンも、なかなか素敵だと思います。
細野さんがベースを弾いてるのも嬉しいですね。

ドロたん君、メリーさん。
巨匠のプレイを良く見ておくんですよ(劇汗)。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-02-03 23:11 | この曲を見るんだ

なにげ版2006年間洋楽TOP10(後編)

a0081944_0434128.jpg
写真は正月の3日、オールジャパン観戦の為、早朝実家より向かう列車の中からの朝日です。
翌日、ノロに掛かるとも知らず(-_-)

さて、後半の5位~1位に、行って見ましょう。
※下線は、ユー・チューブのビデオクリップに、リンクしてます。どうぞご覧下さい<(_ _)>

5:「SOS」 RIHANNA
昨年も相変わらずダンス・リズミック関係は沢山出ました。
その中で、音の濃さの点でこの曲が一番。たたみ掛ける音の洪水。
ビデオクリップを見て頂ければわかりますが、結構ナイスバディ(*^。^*)。

4:「Hips Don't Lie」 SHAKIRA feat WYCLEF JEAN
「セニョリータ」の掛け声もぴったりの、ラテンの世界。
歌詞はわかりませんが(汗)、親しみやすい雰囲気の曲。
パワフルで小悪魔的なボーカル、シャキーラは最高かも。

3:「You're Beautiful」 JAMES BLUNT
コマーシャルになったから、知名度はかなり高いかも。
ライブに行けなかったのは残念ですが、CDやテレビで楽しみました。
ちなみに、非常にカラオケで歌いづらい曲です(-_-)

2:「Savin' Me」 NICKELBACK
以前ブログでも書きましたが、メッセージ性のあるビデオクリップが特徴。
チャド・クルーガーの無骨なボーカルが、このバンドの持ち味です。
ヒット曲も多く、来日すればぜひライブを見たいバンドの1つです。

1:「Black House & the Cherry Tree」 KT TUNSTALL
そして1位は?この曲で知った、ケイティ・タンストールでした。
対照的な曲調、ミドルテンポの「アンダー・ザ・ウェザー」なども特筆もんです。
関心を持った方、ぜひこちらもご覧下さい。かなり感じ違います。
アコースティック・ギターがステージ栄えしそうで、昨年はフジロックに単独公演もありましたが、都合で行けませんでした。いずれこちらもぜひライブ参戦したいです。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-01-14 15:19 | この曲を見るんだ

なにげ版2006年間洋楽TOP10(前編)

a0081944_1843838.jpg
写真は、名古屋駅で見かけた、城崎の観光ポスターです。

良いですねえ(かにが?それともモデルの女の子が?)

さて、本日は2006年、洋楽TOP10です。
我輩の独断(汗)と言うか、好みで決めさせて頂きました。

ここに来る方は、最新ヒットには弱い方(劇汗)が多いようです。
「こんなん知らねーや」とか、「ああ、こんなんもあったな」と思い出し、読み流して下さい。
では、10位から6位でつ。
※下線は、ユー・チューブのビデオクリップに、リンクしてます。どうぞご覧下さい<(_ _)>

10:「Waiting on the World to Change」 JOHN MAYER
ルックスがちょっと変わったかもですが、彼の真摯な姿勢が伝わってくるような、曲です。
言うまでもなく、あの件についてのメッセージでしょう。完全撤退は、いつになるのやら。
ライブを見たいアーチストの1人です。

9:「Pump It」 THE BLACK EYED PEAS
確かこのサウンドは、日本の曲からサンプリングしたんだっけ?
ビデオはむちゃくちゃですが(汗)、その分シンプルで楽しい内容になっています。
ドライブにちょうど良さそうな曲ですが、我輩の車、カセットただいま故障ちう(汗)。

8:「Beep」 THE PUSSYCAT DOLLS feat WILL I AM
美女ぞろいのプーシーキャット・ドールズ。最初は「また変なのが出た?」と避けてましたが(汗)、実際聴いてみるとなんとも感じの良い曲。
一発でお気に入りになりました。「Button」も良い曲です。

7:「Bad Day」 DANIEL POWTER
ジェームス・ブラントと同時期にヒットした、この曲。「ユア・ビューティフル」よりヒットしているので、それを理由にこれも避けてましたが(更汗)、聴いてみるとさすがに魅力的。
ビデオは独身者にとっては泣ける内容(汗)。歌詞の通り、また明日がんばってみようかな。

6:「Temperature」 SEAN PAUL
以前より、ショーン・ポールの美声は好きでした。したがって、曲さえマッチすればもう最強。
ビデオも、色彩感覚が抜群で、見ていて楽しい内容です。
最後に急に曲調が変わりビックリ。それと、歌詞がわかんないのでちとつまんない(汗)。

明日は、残りの5位から1位です。
[PR]
by lindsey3000 | 2007-01-13 19:04 | この曲を見るんだ